下司貴大ばりっしも

バリトンに焦がれて

歳神さまがくる

2016-12-31 15:17:24 | 報告
2016年も残り数時間。大晦日はいとこたちと妹夫妻が遊びに来ています。
お陰様で今年の10月にイタリアから帰国しました。2年間の留学が終わる年でもありましたが、その終幕を遅らせるかのようにイタリアでの舞台が続きました。その最たる本番は、言うまでもなくローマ歌劇場での「セヴィリアの理髪師」主役フィガロでの出演でした。年内最後の投稿は、その時の未公開写真をご覧頂くことにします。岩教音楽コースの忘年会からも1枚。それでは来年も皆様にとって素敵な年となりますようお祈り申し上げます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い出をカタチに | トップ | 5年ぶりの歌劇弾自主公演 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。