高橋由太 TakahashiYuta

新刊・既刊情報など

『閻魔大王の代理人』(幻冬舎文庫)が発売中

2016-10-19 | 新刊・既刊情報・間もなく発売される本など
大江戸異世界(地獄)ファンタジー『閻魔大王の代理人』が2016年10月7日発売です。
すでに並んでいる書店さんもあるかもしれません。お手にとっていただけると幸いです。
書店さんにない場合は、Amazonでも購入できます。電子書籍にもなると思いますので、よろしくお願いいたします。



内容紹介
蓬萊一馬は、その生まれ持った緋色の瞳のために、父である藩主の紀興から疎まれていた。父からの刺客に襲われ死を覚悟したその時、謎の金髪イケメンが突如、一馬の前に現れる。「あなたを迎えに参りました」。辿り着いた場所は、見なれぬ豪奢な王宮。なんと一馬は八大地獄のひとつ、等活地獄の王だった! 魑魅魍魎が大暴れの地獄エンタメ、開幕! ⇒『閻魔大王の代理人』の詳細はこちら

Kindle(電子書籍)でも配信予定ですので、冒頭だけでも読んで頂けるとうれしいです。おそらくサンプルがあるかと。

内容紹介にもあるように、シリーズ第1作目です。



現代を舞台にした物語を読んでみたいという方がいらっしゃいましたら、「神様の見習い もののけ探偵社はじめました」が発売したばかりです。


(試し読みできる宝島社さんのHPにリンクしています)

内容紹介
就職活動に失敗した22歳の神成なるかは、父親が設立した探偵社で名目上の社員となる。ある日突然、父親はなるかに全てを押し付けて行方をくらましてしまう。一方、神社の祠の札が剥がれたことで、祀られていた神様が解き放たれ、なぜかなるかのいる探偵事務所に現れた――。父親の残した借金を返済するため、素人探偵なるかと、食欲旺盛で小憎らしい神様のドタバタコンビが事件に挑む!

詳しくは宝島社さんのHPまで



※ 新刊ですので、少しの間、トップ記事に設定させていただきます。最新の記事は一つ下をご覧ください。見た映画や小説のメモばかりですが。
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
« 新シリーズと続編とその他プ... | トップ | 猫が新しい環境に馴染めるか »