たかはしけいのにっき

ミネソタ大の博士研究員が書く日記です。

2016年のエンディング

2016-12-31 19:08:35 | Weblog
 というわけで、2016年も終わりです。皆さんは、いかがだったでしょうか?

 今年はこのブログでは、、というか、ネット関連で、かなり変換点な一年になったと思います。
 今年俺が新しく始めたネットでの取り組みについて、ちょっと、まとめてみましょうか。


 ・ネット小説「研究コントローラー」

 フィクションを書くことってそれなりに大事だとは思っていて、今年から始めました。まぁこういうものでしか伝えられないことってあるはずなんですよね。
 普段のブログや論文と圧倒的に違うのは、情景描写を書かなくちゃいけないところで、ここがかなりキツいところであります。全体の構造や流れを調節できているか?のチェックとして、公開前に数名に読んでもらっていますが、自分だけだとかなり厳しい感じはしますね、ホントなんやかんや。

 まぁ中途半端になっちゃってますが、、最後まで終わらせるつもりなので、気長に待ってくださいね(前から言ってますが、構成は最初から決まっているので)。で、気長にアクセス数待ってますから笑。

 ・YouTubeにアップ

 これもふわーっと始めたことではあるんですが、簡単なところと大変なところが意外と違うって感じです。これやるようになって、YouTubeで観る動画の見方がめちゃくちゃ変わりました。

 あと初めてだから何喋るとウケるのかが全然わからなくて、、なんとなく思ったのが、研究関連よりも中高生向けのほうが再生数がいいところからして、YouTubeって若者文化なのかなぁと思います。まぁまた、予備校とかで中高生に向けて話してた時間が今まで長かったから、俺がそっちのが得意ってのがあるかもしれないけどね。

 ・他の人との対談

 これはですね。最大の難しさは、かぶらないように喋る、ってこと。

 まぁ、曖昧なことを言わないようにして、知識の最高レベルを頭の中で下げておくってのも大事なんですけど、どちらかというとリズムと音程。喋る内容をどうこうするってよりも、相手のリズムを感じながら、適確に自分の色を混ぜていく、ってことを意識しているほうが、後で聞いたときに自分が納得しやすいです。

 今後も色んな人とやっていきたいですが、一回一回がかなり疲れるので、まぁちょっと体力をつけないとあかんかもしれないですね。

 ・相談メール

 ぶっちゃけ、今年始めたものの中でこれが一番やって良かった、と実感して思っています。
 どういう人から相談が来るのか、どういう分野に問題が多いのか、また普遍的な問題とは何か?が、明確にわかるようになってきたし、(最初のほーに相談された方には申し訳ない部分もありますが)相談を受ければ受けるほど、どう返すべきか?がわかってきました。

 ほぼすべてのメールに1日以内に返信できたと思いますが、それは多い月で週2だったからできたという部分も多い気がしますし、今後少しだけルールを変えようかとも思っていますので、現行ルールで相談されたい方は、お早めに。
 あと、うちのブログって、意外と女性読者が多いことがよくわかったなぁと思います(まぁ、なんとなくわかってはいたことですが)。F層に少しだけアジャストしながら文章を書くことも大事な気がしました。

 ・ツイッター

 ここだけの話、これやってると、、ほんとバカって多いなぁと思っちゃうのよね・・・。。特に目につくのは、自分ってよく考えてるでしょ?系のバカ。結構エラそうな先生とかでも、140文字ってマジックで、本当にバカが透けて見える。「わかりやすい」ってことを追及しちゃうと本当にバカになるんだなぁってのがよくわかるSNSですよね。
 それからヒトがいかに他人を「自分が知ってる」モデルに落とし込むことで理解しようとするかがよくわかります。

 まぁでも楽しいSNSですよ、マジで。1000ツイートくらい観ると、1つくらいは、おお!面白い!!って思うのありますから。
 まだまだ使い慣れていませんが、これも続けるつもりです。


 というわけで、かなり沢山新しいことを始めた訳ですが、それ以外でも個人的に色々楽しく学ぶことが多かった一年となりました。有り難う御座いました。来年も是非是非このページを宜しくお願いします。
 では、良いお年をー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« でも、私のことが好きなくせに | トップ | 2017年のオープニング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL