たかはしけいのにっき

ミネソタ大の博士研究員が書く日記です。

真面目ぶっていたから

2017-09-26 00:43:05 | Weblog
 通常、データは多ければ多いほど、真実への確実性が増す。定量性を求めるなら、ある程度のデータ数が必須だ。
 特に画像データの場合、いくら定量的解析をしたとしても、たった数枚から何かの真実を語ろうとするのは非常に危険だし、そもそもそれは時空間上において作為的に選んでしまったものかもしれない。

 だが、作為と無作為が明確に区別できており、その被験者と実験者と解析者が同一人物で、かつ、その人物についての何かが知りたい場合は、この限りではない。たった数枚のデータから真実を言い当てるのは、むしろ容易だ。
 作為的なデータを魅せられて、安心していたい気持ちを取っ払ってしまう客観的データ。そんな不安なデータだって、ちゃんと目の前に出てきさえすれば、いつもなら絶対に見誤らないのに、自分が正しく解析できているのか、不安になる。でも。。

 当時、自分自身に何をイイワケに繰り返し拒否し続けていたか、たった一言を躊躇い続けたのか、自分でもわからなくなってしまった。いま自分が常に逆の立場だからこそ、、あらゆることに感謝したくなってくる。非常に尊かった日々に、、あえて背を向けて、真面目ぶって、実際に必要以上に言葉まで得てしまって、、いったい俺は何を目指していたのか?そして、そうなることをすべて予想していたかのような行動と選択を取り続けてくれたことに、小さく感謝しながら、確率的な罪悪感を胸に抱く。
 その中途半端さがなければ、出会えていない人たちが沢山いる。でも、そのすべてを無に追いやったとしても、唯一価値のある関係性だったかもしれない可能性を完全に捨てて、無難な世間体を得ようとした俺は、あのノリの良さを当時も今も信じられなかったのかもしれない。そして、半分の自分は、今でもそれで正解だと想っている。

 開設当時からあった、このページの1つの目的が消え去った今、喜ばしくも寂しくもあるこの瞬間に、また新しい意義付けを付け加えなくちゃいけない気がしてくる。無理して後から大義名分をつけようとするところがね、、このくだらない世界で得られた馬鹿げた能力だから。

 これで良かったんだ、と心から想える日が来ることを祈っている。いや、俺が主観を捨て切れていないだけで、今もきっとそうだよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「助けて」と言って | トップ | 理想のひな型 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事