ガジェットが大好き

Apple製品やAndroid製品などのガジェットが大好きな私のブログ

Apollo lake N3450の強さといえば――Z8350との比較

2017-07-17 11:28:28 | 日記

2017年に入ってから、一連のApollo lakeプロセッサを搭載するタブレットは発表されました。

Chuwi Hi13はその中の一つです。N3450プロセッサーや13.5インチに3000*2000解像度のディスプレイを持っている上に、四つのダイナミックサラウンドのスピーカーを配置して、立体的な音響効果を実現しました。これはiPad Proリリース以来相当な配置にするタブレットモデルです。


では今回はChuwi Hi13のN3450とHi10 ProのZ8350との比較から、N3450の強さを説明します。


スレッドや主要周波数からN3450とZ8350を比較





上記の図表はスレッドや主要周波数からN3450とZ8350との比較です。

N3450とZ8350はクアッドコアとクアッドスレッドプロセッサを採択しますが、動作周波数は違います。Z8350の主要周波数は1.44GHzで、クーボ周波数は最大1.92GHzになる同時に、N3450は1.1 GHzで最大2.2GHzになります。N3450の主要周波数はZ8350より低いこの数値より、N3450は処理装置の電力消費を抑えられることを言えます。また、N3450のクーボ周波数はZ8350により0.28GHzの高さによって、ローディングスピードを高めるし、ある大きいサイズのアプリ/ソフトウェアをスラスラとスムーズに起動できます。




以上のIntel Co. Ltd公式データから見ると、Z8350よりN3450のCPU性能は30%に上昇しました。つまりGPU使用率はわずか70%でもタブレットもうまく運行できます。4Kビデオの再生やオンラインゲームの遊びでも、Hi13は最適なモデルと思います。
以下はGeekbenchから提供された両者の標準データです。


Geekbench標準データ





シングルスコの得点を比べると、Hi13はHi10より600点に高くなります。しかし、Hi10 proとのマルチコアの得点を比べると、Hi13は約2倍も高くなります。そうすると、全ての側面にHi13はもっと優れていると思われます。そこで、IntelのCPU性能に関する正式データの精確性も証明されました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。