敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

かぶとむしと無重力チルドレン

2011年07月31日 | 制作公演関連
ジャブジャブサーキットの初日(7.29)
外で待つお客様に開場を告げに
階段を降りたら、のそりのそりと
かぶとむしが歩いていた。

少し茶色が強い、だが体の大きな雄。
彼にかまってる余裕はないから、
そのまま放っておいたが、
下北沢で、野生の昆虫の王を見るとは(驚)

さて、ジャブジャブサーキットの
栄えある第50回記念公演
『無重力チルドレン』は、
昨夜折り返して、残すは今日と明日
3ステージ。
(31日2時と6時、明日2時)

未来の月面基地が舞台ですが、
「今」を見事に描いた作品です。

3.11後の、はせひろいち渾身の一作!

震災そのものではなく。
月と地球の距離、
被災地とそうでない場所との距離、
震災を体験した自分と、
その心をもて余す自分との距離、
はたまた異星と地球との距離。。。

様々な「距離」を描く、切り口が見事!

ザ・スズナリでお待ちしています。
かぶとむしと一緒に(汗)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指とコーラ

2011年07月30日 | 制作公演関連
また指を切った。
今度は右薬指の第二関節あたりと付け根。

コカ・コーラのグラス。
ヒビが入っていたようで、
普通に洗ってたら割れて、指を掠めた。

コーラと言えば、音楽劇『母さん』の
演出家は、毎日ペプシを飲みながら
稽古場で指揮を振る。

アラフォーの僕らより上の世代が
むしろコーラを飲むのは、
圧倒的なアメリカへの憧れと
関係があるのだろうか。
巨大冷蔵庫やスポーツカーや……
自由と豊かさの「世界一の国」への。

逆に下の世代。
「草食男子」は完全に市民権を得たが、
今の若年層は余りコーラなぞ飲まない印象だ。
車も乗らない、飲みにも行かない。

勿論個人差はあり、言うまでもなく
良し悪しを語っているのでもない。

母乳から、甘~いジュース、炭酸飲料からアルコール。
年をとったら縁側で茶をすする、、、
なんて絵に書いたような
「飲み物」の歴史は描けないなぁ
って暢気な話です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無重力チルドレン開幕

2011年07月29日 | 制作公演関連
本日、劇団ジャブジャブサーキット
『無重力チルドレン』東京公演初日です。

ザ・スズナリにて8月1日まで。

さて。劇場入りの日、折込をしていたら
ロビーの直通電話が鳴った。
受話器を取ると
「無重かちるどれんのことで…」
相手は言った。

なるほど間違える可能性はある。
力は、片仮名の「カ」ではなく
漢字の「力」、つまり無重力、
「むじゅうりょくチルドレン」が
芝居のタイトルです。

昨年に続き、当日の受付を少しお手伝い。
昨夜はゲネを観せていただいたが
「ゆるSF会話劇」を良い意味で裏切る
ずしりと重い直球の作品でした。

言いたいことは劇中では語らず、
けれども作品全体として強く感じさせる
これまでの、はせひろいち作品とは一線を画す
舞台に仕上がっています。

これ以上は語れません。
是非、劇場へ……。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いちご白書

2011年07月28日 | 身辺雑記
先日の、とある会合。
人が集まるまでの雑談で、
理事の一人が入籍した!と
突然発表し、座が湧いた。



わりと年齢層の広い集まりで、
我々は今でも若手の部類なのだが…
彼女が20代で、僕らも30代の頃、
駆け出しで大きな仕事を担わない分、
年中つるんで「切磋琢磨」していた。
(つまり10年以上前の話です

ちょうどお年頃で、毎年誰かしら
結婚していて、そのたび、
頼まれもしないのに、制作者による
「お祝いの会」を開催した。



僕は別にして、皆、各劇団や劇場の
中堅としてなくてはならい存在に成長!

昔のように集まって騒ぐことは
不可能になった。

子供の興味がおもちゃから習い事に
シフトするように、飲み会から集団の経営に
目を向ける……否、向けざるを得ない。

「あの頃」だったら、
その日のうちに連絡網が回り、
幹事に名乗りを挙げる奴がいて、
計画はスタートしていただろうが……。

決して過去を懐かしんでいるわけじゃない。
「遊び心」を忘れてはいけない!
という自分自身への鼓舞である。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稽古場見学

2011年07月27日 | 制作公演関連
山彦の会『母さん』の稽古場に
本日から5日連続で見学が入る。

普通ありえないことだが。
我々創造団体と長い間、関係を築いてきた
鑑賞団体との信頼あってのこと。

ありえない、と言えば、
公演の搬入搬出のお手伝いまで
会員さんたちは行う(>_<)

その他にも、座席割りや
芝居の見所を記した冊子の作成まで。
「観る」を越えた「ともに創る」団体なのだ。

今日は4名様でしたが、
明日からは各回二桁の見学者……
稽古場に入りきるのか(^-^;

何だか世の中、レンズなしの
大きな黒ぶちのめがねが
流行しているようだ。
昔むか~し一世を風靡したのち、
ダサいの最たるものに長く君臨していたのに。

まあ流行は循環する代物だからな。

かたや創造団体と演劇鑑賞団体は
変わらない「手作り」の芝居創りを
これからも粘り強く続けて行くことだろう。

流行に左右されずに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

でアじナたロるグ

2011年07月26日 | 身辺雑記
地上デジタルへの移行を、
張本人であるテレビは
賑々しく演出したかったのだろうが、
いかんせん画面が青くなるという
《地味な瞬間》だったから
盛り上がらなかったな

以前も書いたが、わが家は
アナログをデコーダー変換して見てるから
《完全移行》とは言い難い。

しかも他力本願
(近くの工事が原因の電波障害により、
諸々対応)での地デジ化であった

ツイッターやフェイスブックにも
二の足を踏み、スマートフォンも持たず、
(@_@)(@_@)(@_@)携帯音楽機器でいえば、
カセットテープのウォークマン以来、
進化する全てのメディアを
一度も購入したことがない

それでも生きて行けるもの(#^.^#)

さて。今日は「日本新劇製作者協会」理事会。
時折、アイパッドで検索する
理事がいないではないが、
基本アナログな集まりである。
僕には大変居心地がいい。
ただ、それに甘んじててもな。

このあと、来年6月公演の打ち合わせを
同じ店の一階にて……。

7.25,18:05記す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エトピリカ

2011年07月25日 | 身辺雑記
突然、頭の中に
エトピリカ、エトピリカ、エトピ~リカ~」と
合唱曲のサビが流れてきた

中学の合唱コンクールで歌った、
いや正確には、僕は歌ったことのない、
他のクラスの楽曲が・・・

そうして次に
「はだか馬に風は吹いた」

おっ、これはまさに我が2年8組、
小峰クラスが見事学年優勝した曲

生意気にも、3年を差し置いて
最優秀賞を狙っていたのだが、
やはり最上級生の壁は厚かった

と。完全に30数年前にタイムりープした勢い。
・・・しかし、何故急に「エトピリカ」が、
歌ってもないのに流れたのだろう?

作詞・作曲者すら知らないから調べたら、
『海鳥の詩』という楽曲のなかの一編だと、
今知った。
それどころか、鳥の名前ってこともね

それから、現在も脈々と僕たちが歌ったような
合唱曲が歌われていることも知った。
『大地讃頌』や『親知らず子知らず』など。

まずうまくいかなくて、喧嘩になって、
パートリーダーが泣き出して……
でも最後にはクラスが結束し
(あるいは、せずに終わり)
素敵な思い出になる(またはならない)
《合唱コンクール》
(学校によっては、合唱祭)

ああ、懐かしすぎる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらり桜新町

2011年07月24日 | 制作公演関連
《サクラシンマチ》
何だか競争馬にいそうだな、
と思うのは僕だけだろうか?

昨日、音楽劇『母さん』は
演出家不在につき稽古お休み。
(教鞭をとる音大ミュージカルコースの
発表公演本番のため)

それで、グルッポテアトロの稽古場にお邪魔。

(^-^;11月に『三人姉妹』を上演するが、
緩やかに、既に昨年からワークショップを重ね、
4月~7月は週に一度の稽古。
これからじょじょに回数を増やしながら
中身も深めていく芝居創り。

その稽古が桜新町であった。
久しぶりに降りたら、やけに
コンビニが増えている。

馬事公苑近くの、公園の中の
ぽつねんとした建物に九人。
他の公演を抱える俳優もいて、
六割くらいの出席率か?

僕は途中からの参加で、着到時、
車座でディスカッションが行われていた。
テキストを巡る、それぞれの思いを。
演出が巧くリードしながら、
率直な個々の解釈が交換されていた。

その後エチュード。

あ。唐突だが。
今日は「やよすけ」こと、
ピアニスト・根岸弥生の結婚披露宴だ!

おめでとう\(^-^)/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらり国領

2011年07月22日 | 制作公演関連
京王線「国領」駅といえば、
我々演劇人には「高津映画装飾」
通称「高津小道具」のある街である。

今日は音楽劇『母さん』に使う
クラシックギターを取りに行った。

線路を挟み、西友とマルエツがあり、
ガストやマック、松屋などの
ファストフード店も揃った
暮らしやすい国領。

各駅停車しか停まらないけど
それは逆に安価な家賃を生み、
小さな子供のいるファミリーが多く住む
環境を作っているようだ。

銀行のATMが広めに作ってあり、
若いママの両隣にちびっこが立つ図が
短い時間に沢山見られた。
マックにも長い列(^_^)

帰りのホーム。
表示が上下線ともに「通過」「通過」。

待ち時間が少し長いけど、
ギターケース片手に椅子に座ってると、
昭和のフォークシンガーみたいだ。

ただ、どうも持ち方が決まらない(>_<)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

右親指ざっくり

2011年07月21日 | 身辺雑記
洗い物をしていて、誤って右手の親指を切った。
わりとざっくりと(>_<)

なでしこフィーバーはまだまだ続きそうだが
(女子サッカー発展のため
恒常的な人気に繋がれば良いことだ)
10本指が揃ってなんぼだと、改めて思った。
11人の力を結集してサッカーが成り立つように。

ガーゼとテープで止血して、
翌朝、薬局で「いまどきの絆創膏」を買った。
バンドエイドの半透明なやつを狙っていたが、
思いのほか高額(-_-;)だったため、
内面が赤いやつを購入。

色々不便だが、この携帯でメールする
ボタン操作が厄介だ(T_T)

頑張れ! 俺の左手!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加