敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

あざみ~ディメンション外伝07

2017年05月11日 | 制作公演関連
大学時代、若気のいたりで
文芸同人誌なぞ出していた。

群馬出身のMが『薊』という
恋愛私小説を書いていた。

※※※

キク科の植物である薊は、
スコットランドの国花でも。
花言葉は「独立」「厳格」など。

さて。
火曜日に閉幕したJ-Theater
『Dimensions Garden Live vol.1』

神保麻奈の朗読にフルートを添えた
『野ばら』。小川未明の代表作で
演奏いただいたのが生明麻衣子さん。

名字は「あざみ」と読む。
珍しいが、パソコンで入力すると
ちゃんと変換候補に挙がった。

偶然だが、野ばらと薊。
花の競演に。

※※※

浅見など「あさみ」と同じ出自
という説もネットでは散見された。
また天武天皇が制定した
「八色の姓(やくさのかばね)」の
第二位・朝臣(あそん)と連関とも。

一位の真人(まひと)は皇族のみに
与えられるもので事実上の最高位。

麻衣子さんの奏でる音色からは
気品が感じられたのはそれ故か。

※※※

名前の話の繋がりで記せば。
神保の現在の戸籍姓は野中。
つまり〈のなかの野ばら〉。

てなわけで。
無事に公演は終わりました。
ご来場戴いた皆様、関係者各位、
改めまして、ありがとうございました。

来月上旬、J-Theaterは
ワークショップを開催。
そして7月には「下北沢音楽祭」参加。

詳しくは、おいおいと。

今回の『Dimensions~』と
宇井孝司『平和交響曲』など
J-Theaterのラインナップの中でも
音楽とコラボレーションした
作品を届ける予定です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほうこうせい~ディメンショ... | トップ | ビザールでござ~る発送deび... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。