敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

ガングリオン

2016年10月18日 | 身辺雑記
ガングリオン。
ロボットアニメの主人公みたいだが、
今日はそのことについて。

***

病院が苦手である。

苦手、、、というより。
・・・ちっちゃい時分体が弱く、
とにかく病院ばかり行っていた。

人は食べるこばんの量が決まっていて
最後の米粒を食べたら、あの世に逝く
などと謂ったりするけれど。
その伝でいえば。
僕は、病院に行き切ったのだ。

てなわけで、風邪をひいても
ちょっとした怪我でも、まず病院へ
とゆー人が多い世の中にあり、
徹底的に自然治癒で頑張る。

市販の風邪薬も呑めば、絆創膏も貼る。
だから厳密には自然治癒じゃないが…
ε=ε=┏(・_・)┛

***

右肘が突如腫れた。
わりとぼっこりと。
ただ肘って、ある意味変てこな形で、
しかも矢鱈注視する箇所でもないから、
「なんか腫れて痛いんだよな~」と
相手に見せない限りは不問に付された。
一方で。
卓球のボールほど出っ張ているので
見せて告白すると、皆口を揃えて
「医者に行かないとやばいよ」
と、途端に脅かすのである(>_<)

テニスを趣味にしていないし、
強くぶつけた記憶もない。
(酔って転んのに記憶にない
という可能性は零ではない)
原因不明だったが、知人の一人が
「私は手首だったけど、関節全般に起きる
ガングリオンだ」と言い切った。

自分でも調べてみた。
まず女性に多いのだそうだ。
無痛の場合もあり、神経に干渉すると
痛みを発症するから対処としては
注射で水を抜くとか書いてあった。

なるほどなるほど。

***

三連続公演の前から違和感があり、
公演後、恐らく疲労も重なり、
腕が上がらないまで悪化した。

さだまさしが『飛梅』で、
♪登りつめたら、あとは下るしかないと
~と歌っているように、
ピークに達したので鎮静に向かっている。

実は「すぐ病院派」のかみさんが
痛がるのを見かねて「今すぐ行け!」
と滅茶苦茶怖い顔で迫ってきたので、
僕の小鹿のような心とともに、
ガングリオンもビビったに違いない。

病は気から。

絶対ホスピタルにはgoしないぞ
という想いのボルテージは上がり、
この肘に居着いてると毎日あの鬼に
睨まれ続けるのか~嫌だな~(T_T)
と意気消沈するガングリオン。
両方が、相まって痛みは小さくなった。

***

だいぶ軽口が吐けるようになった。
油断禁物、、、患部を刺激せず、
同時に我が家の大幹部も刺激せずに
全快を目指すのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明暗 | トップ | 韓国現代戯曲ドラマリーディ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。