敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

幻影正々堂々の班女と熊野

2017年04月04日 | 制作公演関連
昨日、全キャストが揃う筈だった
J-Theater『近代能楽集』の、
小林七緒演出「班女」「熊野」。
と、言っているわたし自身も
「こちら」に顔を出すのは昨日が初!
とゆー制作にあるまじきていたらく。

「こちら」と書いたが、この芝居は
小林拓生演出の「班女」「邯鄲」との
交互上演でいよいよ来週、
4月10日~13日が打ち日です。
下北沢の小劇場B1にて。



で「班女」は初めての通し。
たった三人の、濃密かつ歪んだ愛の世界。

「熊野」は豪勢なアパートの一室で
男女の静謐な愛の駆け引きが展開。
こちらは少し多い五人の登場人物。

結局昨日は全員集合はならず、
今日に持ち越されたが。
短期集中の稽古で基礎は磐石。
あとは一気のビルドアップで
今日を含めた六日で仕上げる。

明日は衣裳の奇才・竹内陽子も見参。
視界は良好だ。
それこそ「熊野」の部屋からの
美しい眺めのように……。

少し補足。
「豪勢なアパート」は戯曲通り。
ただ「時代的な表記」であり、
今でいう高級マンション=億ション。
鉄道をはじめ不動産にリゾート、
広い分野で力を持つ実業家が
愛人に住まわせている部屋だもの。

さて。演劇的な視界は良好だが、
地下の稽古場が揺れるほどの雷が
昨日は鳴って、一瞬皆動きを止めた。
わたしの居ない稽古では、
換気窓がなんの要因もなく開く、
等々、奇怪な現象に見舞われている。

そういえば。
近江楽堂での『近代能楽集』の際も
本番中に・・・。

そんな経験も踏まえ小林拓生組は
今日、お不動さまに厄払いに参り、
公演の成功も祈るらしい。



てなわけで今日は拓生組の勝どきへ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和演劇大全集 | トップ | 幻影正々堂々の厄払 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。