敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

3401の判子

2017年09月30日 | 制作公演関連
若手中心だった宮沢賢治の
公演を終え、三日が経つが、
J-Theaterはノンストップで
『三島由紀夫の世界vol.1』の
稽古を木曜から再開している。

下北沢の『MIYAZAWA~』で
艶っぽい海蛇と切ない窯猫を
あ鮮やかにじ分けた山崎沙織は
連投となり、『三島~』では
一転、眠り続ける葵などを演じる。

昨日は郵便で判子も届いた。

「新宿フィールドミュージアム」
に参加するだけでなく、今回も
スタンプラリーに参戦する。

昨今、数を増すスタンプラリー、
SFMも二年前から導入しており、
区内の銘菓、区内施設のチケット等
抽選でゲットできるのである。
しかも年々ハードルが下がり、
2017では、ついにスタンプ二つで
クリア……もはや「ラリー」じゃない、
と言えなくもないがC=C=\(;・_・)/

SFMの話はこれくらいにして。
今日は豊海で昼夜通しで追い込み。



月島地区の西端。
1963年に埋立が完成し出来た街には
水産埠頭があるので冷蔵倉庫が多い。
そんな運河に囲まれたエリアは、
ウォーターフロントの一角でもあり、
タワーマンションも次々に建つ。

最寄駅は都営大江戸線「勝どき」。
駅周辺は広いエリアが工事中だ。





有楽町線沿線に住む僕は、
月島駅から歩いたが、橋を二つ
渡って稽古場にたどり着いた。

橋を越えて次の町に至るのは、
芝居が出来上がるの似ている。

すっかり秋めいた東京。
ベテランの多い『三島組』は、
お客様から「合格」の判子が
貰えるように汗を流しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いろいろ終わった | トップ | 3401の過去帳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事