敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

ほうこうせい~ディメンション外伝06

2017年05月09日 | 制作公演関連
J-Theater at theater711
『Dimensions Garden Live vol.1』
昨日、無事に初日を迎えました。
で。
今日怒涛の昼夕夜の3ステージで
本当に花火のように刹那に、
幕を下ろします。はっや~い。
ε=ε=┏(・_・)┛



さて。小林拓生のユニットが
変動期にあると昨日書いた。
果たして「J-Theater」は何処へ、と。
・・・その後編です。

《3.11以降の日本における演劇として
近現代の作家達の言葉に耳を傾け、
今一度足元を見つめ直す》
というコンセプトに立脚して
活動を続けてきた中で、実際
三島由紀夫、太宰治、藤沢周平らに
積極的に挑んできたのだが、
最近はそれらをただ上演せず
音楽~それもクラシックでなく
ラップなど新しいサウンド~
との融合に心砕いている面が強い。
賛否両論のリアクションを戴きながら。
(^_^;)

今回はさらに半歩、音楽に重心移動。
これまでもダンスは重要視していたが、
『Dimensions~』では演者に
パフォーマーを招聘し、身体性へ
さらに触手を伸ばしたかたちだ。

つまり、そういう方向性である。
或いはまた。
そういう芳香性に向かっている、
と言うこともできるかもしれない。

具体的にいえば。
これまでも下北沢の本多劇場グループで
上演することが多かったけれど、
7月、ついに「下北沢音楽祭」に参加する。
2月の歴史ある「下北沢演劇祭」
じゃなく〈music festival〉にである!

とか書いているうち、迫る13時の回。
準備、準備。


これは初日乾杯の一景。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変動期~ディメンション外伝05 | トップ | あざみ~ディメンション外伝07 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。