敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

成るか覇権奪回

2017年03月17日 | スポーツ
ワールド・ベースボール・クラシック
盛り上がっているようですね\(^-^)/


ひとえに戦前の予想を覆して、
無敗で勝ち進む〈強さ〉が原動力。
しかも圧勝ではなく、一試合一試合に
〈劇的〉とゆースパイスが効いてます。

さてプロがいよいよ米国に殴り込む中、
高校生の「センバツ」も開幕近し!

夏は三年生にとって最後なのと
(そのあと上位校が選ばれて
国体もあったりはしますが……)
何より。
夏は「一度も負けないチーム」が
優勝するので感動も一際です。

春は、次がまだあるのと
(あくまでチャンスとゆー意味ですが)
何度か負けても日本一になる点で
少し盛り上がりに欠けると言われます。
(全員一致じゃなく、一部の意見)

高校野球に余り興味のない方に
ちょいと説明しますれば・・・

例えば我が神奈川の場合。
県大会で負けても……とはいえ
一回戦とかは駄目よ、勿論(^_^;)
準優勝でも関東大会に進み、
ここでベスト4に入れば、
甲子園が見えてきます。

ベスト4ってことは準決勝敗退。
つまり。
無敗で甲子園にやって来る学校、
二敗してても選ばれたところ、
とあって、後者が大紫紺旗を
手にする可能性があるのです。
さすがに聖地では負けられませんが。
(@_@)

主力のアクシデント等で実力を
発揮できずに去ることも含む
本当の本当の一発勝負に、
個人的に大いに燃えるけれど。

トータルな強さをはかる意味で
センバツの形は嫌いではない。

WBCをはじめサッカーW杯も、
ある意味センバツシステムなわけだ。

そして、ふと思う。
WBCの第一回、第二回を制した
サムライジャパンが連覇できたのは
〈負けることで強くなり〉
ついに手にした世界一だったのだ、と。

土着かずに「本場」の土を踏んだ
小久保ジャパンの命運やいかに・・・。
1R、2Rでの起用がドンピシャの
若き指揮官の采配に注目し、応援しよ!

我が燕の至宝・山田の調子も上向きだし、
横浜高校からベイに入団した筒香も
完全に四番の貫禄がついた……。
チームも選手も好きになれないGで
唯一声援を送りたい小林の成長も嬉しい。

王者奪還の視界は良好だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知らない世界 | トップ | 幻影正々堂々の班女 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。