敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

韓国現代戯曲ドラマリーディングvol.8『アメリカの怒れる父』の件

2017年01月25日 | 制作公演関連
韓国現代戯曲ドラマリーディングvol.8
三作品の三番手で登場し、
最初に二演目を終えるのが
『アメリカの怒れる父』
作/チャン・ウジェ、訳/洪明花◎
演出/大谷賢次郎、監修/石川樹里

公演日=27(金)19時、28(土)14時

2004年5月イスラム武装勢力により
斬首された米兵の父の手紙がモチーフ。
現代の戦争を背景にした社会を
親子や家族といった、ミクロな構造から
問い質す舞台として2014年初演。



『狂った劇』『若い軟膏』の
場当たりは昨日無事に終わり、
今日は『~怒れる父』が夕刻から
場当たり・・・というか、
ついに大谷チームが座・高円寺に登場だ。

どの組より早く顔合わせをし、
そこに同席したものの、以降
『~父』は武蔵関に腰を据えた。
私は高円寺に付きっ切りだったので
それきり稽古を見ていない。
どんな仕上がりか個人的にも楽しみだ。



料金1500円(通し券4000円)

出演
栗原茂(流山児★事務所)
小飯塚貴世江
小林あや
斎籐千裕(劇団銅鑼)◎
竹林佑介(キャットパワー)◎
難波なう◎
星野真央(ALBA)◎
堀光太郎
頼田昂治

◎育成対象者
文化庁委託事業(次世代の文化を
創造する新進芸術家育成事業)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国現代戯曲ドラマリーディ... | トップ | 韓国現代戯曲ドラマリーディ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。