敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

めいどの土産(弐)~さぁ三途の川を渡りきるぞ。

2016年09月30日 | 制作公演関連
九月三十日。
「モンスター」片手に、制作助手の
千風凛が、せんがわ劇場に入ったのは
十三時過ぎだったろうか。

ピタパタ『冥途』はその前日小屋入り。
北海道日本ハムファイターズの優勝に
上機嫌の照明プランナー高橋清志はじめ
スタッフとキャストが全部揃ったのは
思えば初めてである。

けれども、まるでずっと一緒だったような
チームワークでサクサク進行。
ほぼタイムテーブル通りに作業を終えた。
からの。
本日はゲネプロ、駄目だし、そして
美術も担当する主宰の今井一隆に
新しいアイデアが降ってきて、
開演間際、舞台が一段と華やかになる。



大入りとなった初日の客席には
過去に今井戯曲を上演した
新劇の二つの老舗劇団の社長の姿も。

と、ここで今更ながらモンスターとは
「モンスターエナジー」という
インパクトのある格好いいデザインで
あれよあれよと定着した北米産の栄養飲料。

ん?
いや、そうじゃない。
〈内田百聞の文学世界〉を
今井一隆を通して、新たな
〈演劇世界〉へと昇華させた
『冥途』の話である。

いわゆる「怪物」は出て来ないけれど
この世のものではない「何か」が
現出する不可思議な舞台『冥途』。
三途の川に、足を踏み入れましたよ。

日曜日まで。当日券あります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生演奏とSFM~葵上と卒塔婆... | トップ | めいどの土産(参)~三途の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。