敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

続サンブンノニ

2017年10月26日 | 身辺雑記
台風22号はまだフィリピン東海上。
名前はサオラー。ベトナムと、
ラオスにもいるウシ科の動物。


前のブログに傘にマーキングした
とゆー話を書いた。

ビニ傘の開閉ボタン近くの柄に
花柄のマスキングテープを貼った。
それでは目立たないのか
間違われて持って行かれたので、
新たなビニール傘を用意し、
前回と同様の位置、さらには
柄が円くなった一番底の辺り、
曲がり終わった持ち手の先端、
の少し手前。計スリーライン
巻いてみたのである。

それを差して新宿の喫茶店へ。
再来年春の芝居の打ち合わせ。


昨日のことだ。
そして今日はドラフト会議。

これまでの一位指名重複最多を
清宮が上回るかに注目が集まるが、
僕は3分の2には達しないと思う。
つまり最多タイの8もなく、
高校記録の7すら行かないと。

完全に公言しちゃってる所は、
行かなきゃ恥ずかしいけれど。
ほかにも幾つか勝負に行くとみて
・・・ズバリ6球団と予想。

彼の交渉権を得るのは何処かを、
球団とファン、そしてマスコミ等が
固唾を飲んで注視しているのは
言うまでもない。

「新人選手選択会議2017」の
解説記事に散見されるのは、
高校BIG3として清宮、安田、中村。
社会人は即戦力の呼び声高い
田嶋と鈴木博志がBIG2。
大学勢では慶応・岩見、立命・東、
東大の宮台らの名前が挙がる。

個人的には。
我がヤクルトで2007~13年に
プレーした増渕の弟・雅也。
ちなみに東洋大を出て信越クラブ。
弟といえば。
広島・田中広輔の四つ下の
俊太(日立)も気になる存在だ。



そうそう。
カレーを作って韓国に旅立った
かみさんは本日帰ってくるのだ。

今は東方神起に夢中な彼女も、
少し前には「なっちゃん命」で。
えと。
元日本代表で背番号10を背負った
名波浩。現在はジュビロの監督。

サムライブルーのエースナンバーの
後継者・中村俊輔が横浜と決裂。
同じ中盤のファンタジスタで
レフティーという共通点を持つ
なっちゃんのチーム・磐田を
俊輔は新天地として選んだのだ。

で、昨日の天皇杯準々決勝。
ジュビロ磐田対横浜Fマリノス

積極的に行った磐田はシュート17本、
横浜の10本を上回るも後半36分の
オウンゴールで0-1と惜敗。

21日のリーグ戦30節でマリノスは
首位を走るアントラーズを撃破。
一方、ジュビロは最下位の
アルビレックスと引き分けた。
その勢いの差か……無念

ただ新潟は負ければ降格決定で
めちゃくちゃシャカリキではあった。

さぁ切り替えて。
現在リーグ戦は6位。残節は少ないが
さらに順位を上げてフィニッシュだ!

切り替えられないニュースもある。
盛岡市動物園のユズが亡くなった。

多摩動物公園から2013年に岩手へ。
15年第一子「リンゴ」を産み、
皮膚潰瘍や関節周囲炎に苦しながら
本作7月には第二子「カリン」を
出産していた「ユズ」。享年9才。

僕は大のキリン好きなのだ。
合掌。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンブンノニ | トップ | 賽子の目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事