敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

幻想と現実、そして幕引き

2017年09月07日 | 制作公演関連


左中指のささくれをむしったら
雑菌が入ったようで、少し痛い。
そんな状態で数日過ごしている。

J-Theater〈日本人作家シリーズ〉
語り芝居 太宰治の世界vol.2
『幻想と現実、そして思い出』は、
微痛のなか昨日最終日となった。

元第七病棟(現在は青年座映放)の
堂下勝気を太宰治役に招き、
オーディションで大量10人の若手、
さらに構成・脚本に加えて
語り指導も担う原きよ推奨の
山東けい、松岡明日香と、
J-Theater初陣の役者多数の座組は、
これまでにも記してきたように
攻守のバランス良く戦う「チーム」に
短期間でまとまったと思う。



ラグビー日本代表は桜を胸に戦う。
太宰組の「女生徒」は薔薇を
制服の胸に演じていたのだが、
出演者全員が胸中に同じものを抱き、
舞台に立っていたと言えるだろう。

そうそう。
打ち上げの箸袋も薔薇だった。
ビックリ(○_○)!!


(手にしているには山東)

元OBSのアナウンサーで、
最近は太宰作品の読み手として
幅広く全国を駆け回る原と、
J-Theater主宰の小林の出逢いから
始まった《太宰の世界》は、
今回のvol.2に留まることなく、
さらに続くシリーズになる。
きっと。

これまでは無頼派・太宰に
多くの人が持つイメージを覆す
色の異なる作品を取り上げてきた。
また。
太宰に影響を与えた子守のタケ、
母親の夕子(たね)との関係も
浮き彫りにする構成が特色だった。

さらにこの鉱脈を掘り進めるのか、
メジャーな作品群に取り組むのか。
どちらにしても楽しみだ。

制作として関わるのは無論、
これもまた繰り返し書いたけれど、
父が津軽人である「僕」として
太宰は特別な作家なのである。

祭りの終わった朝。
中指の腫れが悪化していた。
針を炙って毒を抜こうと思う。
祖母の教えに従って……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻想と現実、そして折り返し | トップ | GSD~五所川原ゆかりの、作家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。