敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

明暗

2016年10月17日 | スポーツ
日々、ありとあらゆる場所で
明暗はわかれている。

近所の学校の運動会で赤が勝ち、
白が負ける的な明暗はもちろん、
広島の25年ぶりの日本シリーズ進出
13年ぶりにカップ戦を制した浦和
その一方で中央大学は88年連続の
箱根駅伝出場を逃した。

カープはプロ野球12球団で
もっとも日本一から遠ざかっている。
今年パの王者を破れば32年ぶりに
チャンピオンブラッグを手にする。

それにしても、田中広輔。
12打数10安打、5四死球。
打率833、出塁率は実に882の
大爆発はまさに〈神ってる〉な~。

我がヤクルトの山田正人も
〈史上初〉のトリプルスリーという、
かなりの偉業をやってのけたのに、
完全に霞み、これも一つの明暗か?

カープとレッズのチームカラーは、
誰もが知るように赤だけれど、
中央大も胸に赤文字のCを刻み、
襷の色も赤……ここでも明暗分かつ。

歴代最多14度の優勝を誇る古豪が
勝利の美酒から遠ざかること20年、
予選会に回ること連続4年。
全日本大学駅伝への予選も敗退し、
その6月を機に藤原監督は、
駅伝部主将を1年生の舟津に替える
究極の荒療治まで施したが・・・

けれども名門復活は近いと確信する。
てか、
他人様のことより出雲駅伝で
9位に沈んだ我が東洋が心配に過ぎる。

距離の短い出雲は毎年苦にしていて、
今年は故障者も多かったけれど。
怪我人を出さず、チーム一丸で闘う
鉄紺軍団らしくない「粘り」なき敗戦。
(T_T)
けれど下は向きません。

まずは全日本だ。
昨年、誰もが予想し得なかった優勝
ディフェンディングチャンピオンとして臨む
伊勢路で恥ずかしくない走りを。
p(^^)q
そして、箱根へ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みうみまと萩のダイヤ | トップ | ガングリオン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。