敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

幻影正々堂々の序文

2017年03月10日 | 制作公演関連
三島由紀夫『近代能楽集』の
一曲目「邯鄲」の冒頭に作者は
《註》として“幻影たちは
正々堂々とあらわれねばならない”
と書いている。
それにあやかって、J-Theater
『近代能楽集~班女、邯鄲、熊野』
この公演に関わるブログの題名は
〈幻影正々堂々の○○〉とす。

なんぞと高らかに書いてはみたが。
既に稽古は始まっていて、
僕だけ出遅れていたりするのね(T_T)

だから今後も内容的には決して
「正々堂々」じゃあなく、
飽くまでも記号としての
「幻影正々堂々」と読者各位には
受け止めて戴きたいのであります。

って、はなっからだらしなく
言訳をしている点は正々堂々か?





と書いて。
今日ようやく稽古に顔を出す。

外に出ると、涙が溢れるのだけど。
それは・・・
雷ストレンジャーズ『緑のオウム亭』が
終わっちまった寂しさ少々、
隣国の弾劾が決まった納得少々。
でも最大の要因は花粉だ。
嗚呼、池袋よりさらに吉祥寺
(今日の稽古場のある街)は
奴がいっぱい待っていそうなイメェジ。

***

J-Theater『近代能楽集』
2017年4月10日(月)~13日(木)
小劇場B1にて

作/三島由紀夫

演出/小林七緒(流山児事務所)
「班女」「熊野」

演出/小林拓生(J-theter)
「班女」「邯鄲」

一般/3300円(前売)、3500円(当日)
学割/2800円(前売、当日とも)
二作品/5000円(前売、当日とも)

ほか情報はおいおいと、、、。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伝え方が9割 | トップ | 幻影正々堂々の意図 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。