敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

おかりな

2017年01月03日 | スポーツ
昨日のブログのタイトル
『さだかた』に続くネームシリーズ。

「まり」さんが半ば冗談で
「水田さんとは結婚できないわ、
水たまりになっちゃうもん」
てな名字と名前にまつわる話は
沢山あるわけでだけれども・・・

昨年末の公演に「おかりな」さん
というお客様がいらした。
まだ若かったから、生まれながらに
その姓名なんだろう。
岡姓のご両親は「可愛い」と信じて
あえて命名したと推測される……。



今年の箱根には「軌道」と書いて
「のりみち」という選手がいた。
親御さんが鉄道好きなのか、
職業として従事されているのか。
そして、名字は「三輪」。
発音すれば「みわのりみち」。
けれども文字面だけ見たら
「三輪軌道」!
交通システムとして存在しそうだ。
C=C=(;・_・)

箱根駅伝にはこんな楽しみも
ありますよ、と(^o^)v



さて苦戦が予想された東洋大。
なんたって「大学三大駅伝」の
今季は、出雲九位、全日本六位と
ここ数年三位以下のなかった鉄紺に
衝撃的な結果が続いていた。

だから。往路四位は大健闘p(^^)q

戦前、酒井監督はオーダーに関して
「王道で行くか否か思案中」
とトークバトルで語っていた。
出した答えは大エース服部弾馬を
花の二区で使う「王道」ではなく、
一区で先手を握る「勝負」の起用!

結果は、区間トップながら
ぶっちぎることができず、
作戦失敗と言わざるを得ない(T_T)

しかし、その「気持ち」は
襷に込められて、まずは
三区・口町の激走に繋がった。
今季、故障で出雲と全日本を回避、
前述の低迷の要因のひとつともなった
口町不在。その鬱憤を晴らすような
押す走りは、二区で八位まで下がった
順位を三位に押し上げた。

さらに四区・櫻岡。
服部、口町とともに「東洋三本の矢」
と呼ばれ、本来は牽引すべき男が
出雲では七位、全日本十一位と
本来の走りには程遠い出来だった。
が、やはり箱根には強い。
一年四区四位、二年七区二位と
平塚~小田原の表裏に起用され、
このコースを知り尽くす最上級生は
距離の伸びた新四区を63分52秒で走り、
四位ときっちりまとめてみせた。

往路を制した青学との差は2分40秒。
それにしても。
正直もっと大差をつけられると思った。
ただ「王者」の復路には下田や田村ら
まだまだ駒が残っているからな……。
と、その一方で。

出雲二位、全日本三位と打倒・青学の
一角と目された山梨学院が十六位、
力のある一年生を揃えた東海が十五位。
・・・箱根を走り切るのは
本当に難しく、何が起きるか判らない。

どうなる復路。
ああ、今日も目を離せません。
「一秒を削り出し」三位以上を期す!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さだかた | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事