敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

韓国現代戯曲ドラマリーディングvol.8オーディションの件

2016年10月19日 | 制作公演関連
先週の土曜と今日の二日に分けて
オーディションを行った
日韓演劇交流センター主催の
「韓国現代戯曲ドラマリーディング」
隣国との隔年開催は八回目となる。
三回一期として展開してきて、
つまり第三クールに入っている。



今回は演出三人のスケジュールに
調整がつかず初めて分散された。

当然ながら、演出家の「柄」により
オーディションの色合が異なって面白い。

十五日の大谷賢治郎のそれは、
善い意味でピリピリした空気。
二人ないし三人の少人数を
会場に呼び込んだスタイルもあって。

六十人ほどを二組に分ける形の
関根信一のオーディションは、
緊張の中にも和やかさのあるものに。

今日は午前から夕刻までの長丁場。
後半には谷藤太が控える。

さて、どんな感じになるかしら。

***

◇公演概要◇

2017年1月24日~29日
座・高円寺にて。

『アメリカの父』
作/チャン・ウジェ
演出/大谷賢治太郎

『若いオロナイン』
作/ユン・ミヒャン
演出/関根信一

『狂った劇』
作/チェ・チオン
演出/谷藤太

以上、三作品。

タイトルが長かったので本文短めで。
なお挿入の写真は本編とまるで関係がない。



一枚目は東京芸術劇場の屋根。
二枚目は、とある居酒屋のいけす。
どちらも池袋。
オーディションは武蔵関だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガングリオン | トップ | 昭和せんべろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。