敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

幻影正々堂々の初日

2017年04月12日 | 制作公演関連
J-Theater『近代能楽集』は、
小林七緒演出「班女」「熊野」から
月曜に開幕。お陰さまで満員\(^-^)/



昨日も〈初日〉。小林拓生演出
「班女」「邯鄲」が昼から。
そのために朝から劇場入り。
デジャヴのよう。
普通、芝居は初日が開いたら
翌日はゆっくりなんだが……。

「繰り返し」でいえば。
10日、11日とも小田急が遅れた。
火曜は山手線も遅延。
寿司詰めの車両がのろのろと。

てか。
劇団にいた頃は満員電車に
揺られていたのだな~。
フリーになって、それがないのは
プラス材料のひとつか(^_^;)

昨日「揺れた」のは、日本全体!
真央ちゃんの引退・・・もう
「ちゃん」じゃないかな~(*_*)

新生なでしこは、名将・高倉監督が
大胆な若返りをはかり功奏!
そしてフィギュアスケートも
世代交代を、、、というか、
この「氷上の華」のサイクルは早い。

浅田真央は、そんな過酷な世界で
一時代を築いたのだ。
・・・お疲れ様でした。

冬に逆戻りしたかのような11日。
冷たい雨は、きっと「涙雨」だ。



けれども。
その雨がもたらした桜の絨毯はまた、
「真央」という名華の、花道のよう。

おっと。
すっかり、他人事が長くなった。
下北沢の小劇場B1での公演は、
折り返して三日目。
なんと一日3ステージε=ε=┏(・_・)┛

息つく暇はない。
明日は千秋楽で、これまた慌ただしく。
(>_<)
代名詞のトリプルアクセル、
トリプルフリッツ~トリプルループを
連続で跳んで、トリプルルッツ……
浅田真央の演技構成のように、
我々もくるくる回りつつ、終幕まで
滑り続け・・・芝居だから滑るはまずい。
終幕まで全力失踪だ!!



全八回。
残り二日で、でもあと五回。
まだチャンスは多いのです。
残席は多くありませんが、
お時間あれば、是非m(__)m
今日はお天気も良いですし。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻影正々堂々の邂逅 | トップ | 幻影正々堂々の楽日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。