敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

This is the Name

2017年04月16日 | 身辺雑記
『近代能楽集』の初日乾杯の席で
舞台監督の小林岳郎氏が、
熱くウルトラマンについて語り出した。
というのも、そこに役者N氏がいて、
彼はウルトラマンはじめ怪獣の
デザイナーだった父を持つというのが、
まずは話の発端だったのだ。

岳郎氏の甥っ子がちょうど、
ウルトラマン等にはまる年頃で
おじさんとして接する中で
詳しくなったのだと言う。
もともと特撮嫌いじゃないし、と
彼の加えた一言も印象的。

で。
その中で興味深かったのが、
当初『帰ってきたウルトラマン』
というタイトルで放映されていた、
いわゆる〈新マン〉に「ジャック」
なる名前がついたという話。

確かに子供心に「帰ってきた」
とはゆーけれど初代とは別の人
……ひと? 別のウルトラマンだろ、
と疑問に思っていたから、
むしろホッとしたのだが・・・。

なんか聖徳太子の名前も教科書で
変わる変わらないで話題になったが。

ネーミング。
わりとこだわる方なのだ、おいらは。

企業の合併における、だらだらと
ただくっつけるのは阿呆と思うし
(勿論一筋縄ではいかない困難な課題)、
学校で、東京○○大学山口だの
○○大学中野八王子だの、
一体どこにあるんだよ~と、
突っ込みをいれたくなるタイプ。
(@_@)

まぁまぁ、ちょいと調べれば・・・
中野学園という学校法人の「中野」で
実は大学とは別法人の「係属校」。
その中野校に次ぐ八王子校
・・・と認識は出来る、けど、
だったら○○大学附属八王子、
それで十分と思うのは僕だろうか?

昨年、縁がありベトナムで公演。
その国では姓名の間にミドルネーム。

ようやく千葉の痛ましい事件の
容疑者が逮捕されたけれど、彼女の
姓がレェ、ミドルネームがティで、
名前がほんの少し珍しい二音の
ニャット・リン(太陽の輝き、
或いは日本で輝くように、の意味)。

どこかの局は、ミドルを略して
放送していたけてど、そういう内規が
あったのかしら。

そんな細かいことよりも。
「誰を信じていいのか」的なコメントが
多かった中で、数年前に「見守り」の方が
命を救った例を挙げて、地域による力の
「可能性」を信じたい、という言葉に
僕は大いに同感した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻影正々堂々の楽日 | トップ | 晩春の週末の夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。