敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

希望と十二夜

2016年12月07日 | 制作公演関連
前回、僅か一行しか触れなかった
〈今月末の公演〉について、
今日は少し詳しく書こう。

12月26~29日。
J-Theaterの2016年最後の公演は
また随分と押し迫った時期の上演で
僕的にも制作納めの芝居になる。
……まぁ日時的にそりゃそーだ(^-^;)

J-Theater得意の(?)複数プログラムを
下北沢の小劇場「楽園」で。

26日、宇井孝司音楽朗読劇集『希望』
27~29日、シェイクスピアの『十二夜』



今年は三好十郎+宮沢賢治という
まずマッチングされない作家の
交互上演もお届けしたJ-Theaterだが、
ラストを飾るのは、劇聖の喜劇と
『ジャングル大帝』『タッチ』
『たれぱんだ』『葉っぱのフレディ』
などなど誰もが知るアニメーションを
多数手掛けてきた宇井孝司の世界。

これまた普通ない企画だ(#^.^#)

宇井作品は26日に楽園で幕を開け、
一日おいた28日には国分寺のカフェで
空間に加え、演出も少しかえての
パフォーマンスを予定している。
詳しくは、J-Theater公式ブログ
(http://www.j-theater.jugem.jp)
に譲りつつ・・・

『希望』は作品集と謳うだけあり、
以下の四篇から構成されることは
補足しておこう(^o^)v

アニメーション
「平和交響曲第一楽章、第三楽章」

「ファックスという名の白鳥の物語」

「名護の未来の物語」

「天使の羽根の降った街」

「フォックス」「未来」の作曲に佐田詠夢。
28日には本人自らピアノを奏でる。

この日は『風に立つライオン』等
過去のJ-Theaterの舞台で美声を響かせた
バリトンの武田直之も加わる。

華やかな夜・・・なるのだが
その日高橋はシモキタです(>_<)

その『十二夜』
今回もラップやダンスを盛り込んだ
Shakespeare garden Liveの第二弾だ。

稽古の様子はちょいちょいアップ、
の心積もり、ですm(__)m

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「神ってる」年の師走の一週... | トップ | キリンレッドリスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。