敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

ブルー&ピンク/櫂人vol.3の零

2017年05月15日 | 制作公演関連
楽塾創立20周年公演
『すももももももモモのうち』は
とても面白い舞台であった。

純粋な演劇として楽しめた上に、
シニア劇団に関わる一人として
参考になる点がめっちゃ大きかった。

題名から判る人には判るだろう、
かの世界的名著のひとつ、
ミヒャエル・エンデの『モモ』をベースに
演劇界で長らく異彩を放ち続ける
佃典彦が書き下ろしたもも、
あ、ちがう(>_<)、書き下ろしたもの。

実は公演は終わってずいぶんになる。
5月3日~6日まで座・高円寺2にて。

エンターテインメント色の濃い
クオリティーの高い演劇であった。



さて。
ようやく僕は劇団櫂人に本格合流。
二度ほど稽古に顔を出したが、
もろもろあって御無沙汰していた。
が、本番はもう来週だ(@_@)

楽塾が二十歳を迎えたのに対して、
こちらはまだ六歳。小学校に
入るか入らないかのお年頃。

流山児★事務所の流山児祥が
楽塾を率いるように、櫂人は
遊戯空間の篠本賢一が指導に当たる。

第三回公演は新劇の名作の一編
『ブルーストッキングの女たち』。

じっくり時間を掛けて紡いできて
只今追い込みの真っ最中!

5月24日~28日、上野ストアハウス。
売れ行きは校長で、全6ステージ中
既に3ステが完売(25昼、27昼、28昼)。
26昼も残席僅かである。

てなわけで暫くは、勢いのある
〈シニア劇団・櫂人〉のことを書く。


(演出の篠本を囲む櫂人の面々)

※※※

そうそう『モモ』をピンクと
表するのはおかしいわけだが……(^_^;)
まあ、乗りです。ご勘弁をm(__)m

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビザールでござ~る発送deび... | トップ | ハンド&タオル/櫂人vol.3の壱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。