敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

デザインの思い出

2016年12月20日 | 身辺雑記
デパートから一文字いじり、
デザート。
・・・から二文字替えて
デザイン。
「思い出」シリーズの第三弾。
つっても、
関連性はなく「乗り」です。

サブタイトルに
〈洗濯を干すこだわり〉
とでも付けたいくらいだ。

幼稚園の頃、ブロックで遊んでいて
ほかの子供がバキバキと目的の
~お城だとか電車だとかを~
色味にこだわらず作っていくなか、
例えば飛行機を僕が創る場合
右翼と左翼の色が対称じゃなきゃ嫌で
遅々として完成をみなかったとを
とても鮮明に覚えている。

血液型がAゆえか、DNAの何処かに
由来するのやらしないのやら。
いずれにしろ、結果「総合芸術」に
関わることになった根っこなのか?

そーゆー「選択」を好む性質。
なので洗濯を干す場合も、
なんてゆーんだ洗濯鋏が
わーっと四角い枠から
均等にさがっていて
沢山の小物を干せる、例の奴。

あれに靴下だのパンツだの干す場合
当然ある列に靴下をまとめたら、
反対の位置にかみさんの靴下、
てな具合に美しくレイアウト。
だから少々手間が掛かる。
と書けば簡単だが、配置するために
洗っている訳じゃないから、
そうたやすくはない。
四隅にストッキング、靴下は十字に、
という具合に、その都度
様々な工夫(?)が必要になる。

ハンガーにシャツを止める際も
二つの洗濯鋏は同色に決まっている。

この文章を読んで「太陽が東から昇る」
に等しいことを書いているな~と
思う、僕と同類の貴兄人と
なんて無駄な時間を、と嘆息する人
それぞれだろう。

今更だが。
まるで「デザインの思い出」に
なっちゃ~いない(>_<)
しかも話の落としどころすらない。
C=C=\(;・_・)/

嗚呼。

今日は日韓演劇交流センター主催
「韓国現代戯曲ドラマリーディングvol.8」
の顔合わせがある。
明日はそのことをきっちり書く、予定。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デザートの思い出 | トップ | 韓国現代戯曲ドラマリーディ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。