敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

にしおぎのまち

2017年03月13日 | 制作公演関連
そういえば。
西荻窪に降り立ったのは久しぶりだった。
(昨日のブログと密接に連関)

2012年、朋友に客演出で招かれた
盟友の磯村純の『蝿取り紙』を
昨日も訪れたアトリエで観劇して
以来になるだろうか・・・
いや。
劇団櫂人の旗揚げ準備公演の方が
手前になるのかな?
としても、三年は経っている。
それは駅近くのライブハウス的な、
会場での『牡丹灯籠』だった。

ライブハウスと言えば。
昨日少し「西荻」をぶらついて、
バンドの練習スタジオを含めて、
その手の多さに感心した。
多いといえば。
画廊やギャラリーも沢山あって。
沢山あったのは。
昔ながらの喫茶店にお洒落なカフェ、
新旧の珈琲店やティールームが、
これまた幾つ犇めきあってるんだと、
感心を越えて驚愕さえした。

そして南口駅前の昔は闇市だった、
西荻の代名詞とも言える「一帯」。

飲み屋街なんだけれど、普通の居酒屋、
せんべろの立ち飲みにバー等々、
形態も様々なら、その店のコンセプトが
日本各地に加え、東アジアは勿論、
インド、シンガポール、ネパール、
果てはウズベキスタンまで
一軒一軒は小さいのだけれど、
スケールはワールドワイド\(^-^)/

教会もわりと目についたな~。
一階が幼稚園だか保育園で
教会そのものは二階にあって、
三階以上はマンションって造り。
そうそう。
人気女優が出家して話題のところも
確か西荻窪で立宗したと聞いた。

土日祝は赤い電車(中央線快速)が
停まらな所謂「杉並三駅」の
高円寺、阿佐ヶ谷、そして西荻窪。
中でも一番ディープなのが
「西荻」なのじゃないかしら。

思いながら今日は六本木で折込など。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かんげきのつき | トップ | 若大将 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。