敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

幻影正々堂々の邯鄲

2017年03月20日 | 制作公演関連
邯鄲は地名である。
中国の河北省南部に位置し、
始皇帝の出身地としても知られる。

ただ多くの人は「邯鄲」イコール
「邯鄲の夢」ないし「邯鄲の枕」の
イメージで日常使っている、
と思うのだけれど、どうでしょう。

「何なに?」という方のために書けば。

一人の青年が楚を目指す旅の途中、
邯鄲の地で道士から枕を借りて眠る。
長い夢で、栄華を尽くす一生を送るが
覚めた時、粟飯も炊き上がらない
短い時間だったという『枕中記』から
生まれた故事で冒頭の言葉達の他
「一炊の夢」も同義語として有名。

この「そもそも」の話から
能の『邯鄲』は成立している。
それを更に三島がアレンジしたのが
『近代能楽集』の一曲であり、
J-Theaterが来月公演する舞台でも
山田栄子らの出演でお届けする作品。



主要キャストは・・・
『枕中記』の書生・盧生に当たる
主人公・次郎に米川塁と恩田匠。

その乳母だった菊に山田が、
美女は戸田梨恵と酒井冴希。
以下文末の配役となる。

最近ダンスが多用されている拓生演出。
「邯鄲」においても盛り込まれる。
無論〈Jの三島〉の特色とも言える
能管・やすだまことの生演奏は必須。

上演日は以下の4ステージ。
11日15時半◇
12日16時◆と19時半◇
13日19時半◆

◇次郎=米川、美女=酒井
◆次郎=恩田、美女=戸田

配役(前述以外)
踊り子=赤松みなみ、三浦小季、山口笑加
紳士=坂口寿一、伊谷厚彦
秘書=中井亮
老国手=田辺誠二
医師=篠崎旗江、椎江将志

なお、能管以外のスタッフは・・・
舞台監督=小林岳郎、照明=APS、
音響=小森広翔、作曲家=高橋たかふみ、
振付=三浦小季、歌唱指導=坂口寿一、
衣裳=竹内陽子、制作=高橋俊也

12(水)夜の回終演後、アフタートーク。
ゲストは川口典成。
小劇場B1(下北沢)にて。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻影正々堂々の班女 | トップ | 連休の周辺を振りかえる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。