敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

単身生活

2017年11月28日 | 身辺雑記
かみさんが加国二都市、米国一都市の
巡演に11月25日、旅立った。


彼女の大きなキャリアバッグを
まず、三階から階段で降ろし、
さらには駅まで運ばされた。
玄関の鍵はかみさんが閉めた。

僕は2歳から20歳まで過ごした
地元川崎にその脚で向かい、
術後に自宅で静養中の友人宅へ。

夕飯前には退散するつもりが、
もうー人一人加わることになり、
それを待った。
で。
なんやかや卒業アルバムを肴に
三人で夜通し、くっちゃべった。



26日朝、帰宅。が、鍵がない。
((゚□゚;))絶対に家の中だ。

大家さんに電話。繋がらない。
何より睡眠を欲していたので漫喫へ。

昼過ぎに再度電話。繋がらない。
食事をし、携帯をdocomoで充電。
夕刻開演の芝居を予約しており、
鴬谷に移動。ズーズーCを観た。
終演後、ようやく大家さんと話せた。

その夜は実家に帰り、朝、高幡不動へ。
大家さんからマスターキーを借り、
久しぶりに我が家に帰還するも
必要な書類を持って即新宿へ。

演劇集団ア・ラ・プラス主宰との
打ち合わせが決まっていて、
なんとか喫茶店に滑り込む。


その後、遅い昼食を餃子屋で。
僕の餃子が焼き上がった頃、
隣に座ったスーツ姿の熟年男性は
慣れた調子で、幾つかのつまみと
レモンサワーを注文。
まだ14時だが今日の仕事は完了、
または良い商談が決まった褒美か。
彼は「なか」を二度おかわりした。

ホッピーならいざ知らず、
サワーってことは一杯飲み干した
グラスの中には氷とカットレモン。
そこに焼酎を注ぐわけで、
つまり「焼酎のロック」二杯と
都合アルコール三杯を
かなりのハイペースで流し込み、
僕より先に帰って行った。

ある意味、かっちょいい。

今日は夜、J-Theaterの戦略会議。
なぜ餃子だったかといえば、
会議に参加する餃子大好きの
音楽監督の顔が、昨昼、浮かんだから。

そーいえば。かみさんはかみさんで
「眼鏡を忘れた」と呟いていた。

ツアーは17日間もあるから不便だろう。
彼女の性格からすると向こうで買う、
という可能性が高いとも言える。

※中程の写真は、
友人宅近くの遊歩道です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三匹のこぶた | トップ | 近コレ2/いい服の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事