敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

幻影正々堂々の楽日

2017年04月14日 | 制作公演関連
ひといろの桜満開もいいけど、
盛り過ぎの緑の交じる景色も
個人的には好きだったりする。



J-Theater『近代能楽集』は、
小林七緒演出「班女」「熊野」と
小林拓生演出「班女」「邯鄲」の
ふたつの色が鮮やかに溶けた
なかなかの風景になったと〈自負〉
(^_^;)

演劇界も主に衣装や小道具絡みで
お世話になることの多いユザワヤが
オーダースーツも扱っていると、
劇場に向かう車中の中吊りで知る
(@_@)
広告の中央にはサッカー選手。
スーツをビシッと決めて写る。
佐藤、清武らで所属はジフならね
ユナイテッド〈ジェフ〉千葉。
C=C=\(;・_・)/



あ、頭の写真は劇場の近く、
路地の坂の途中の大きめの桜。

お陰さまで四日で八回の公演は幕。
小劇場B1には今回も本当に、
本当にお世話になりましたm(_ _)m

福岡から東京への観劇の旅。
その一本目に選んでいただいたり、
仙台や大阪等、全国各地からの
お運び、毎度のことながら深く、
深く御礼申し上げます。

J-Theaterは息つく間もなく、
次回、同じく本多劇場グループの
シアター711で2daysの公演が待つ。

誰もが知る作家、宮沢賢治や
太宰治の世界にポップな音楽を
ぶつけて観客に衝撃を与えてきた
J-Theaterが、さらに音楽に
重心をかけたコンサート的な舞台
・・・を予定しているけれど、
さて、どうなることやら。



5月8日、9日。
前述の賢治や太宰に加え、
芥川龍之介、小川未明をラインナップ♪

詳細は改めて。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻影正々堂々の初日 | トップ | This is the Name »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。