敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

ビザールでござ~る発送deびざ~る

2017年05月12日 | 制作公演関連
演劇集団ア・ラ・プラス『ビザール』は
今日も稽古。……役者達は「も」だが、
制作はやっとこさ顔出し二度目。
(^_^;)

その稽古のあたまの時間を戴き、
皆でチラシの発送作業を。

この手の事務的なことは、
事務所や稽古場を持つ劇団なら
稽古の前後、或いはオフに
別途時間を取れるわけだが、
(常勤の制作スタッフがいれば
役者はこの手の仕事はスルー)
「場」を持たない小さなカンパニーは
メンバーが個々「夜なべ」するのが
普通だったりするわけである。

ア・ラ・プラスもメンバーは二人きり。
けれども、昨夏の『かもめ』公演、
それを引っ提げてのベトナム公演
(国際フェスで7冠をゲット)と
苦楽をともにしたキャストが
5人中4人いて、ほぼ家族!
と言えなくもない格好なので、
チラシをある枚数に分ける人、
宛名シールを貼る人みたいに
分担しての「家内制手工業」。



社会の授業に出てきた中でも
何故か妙に覚えている単語。
あぁ懐かしい(#^.^#)
その流れの「マニュファクチャー」
とともに・・・。

「はい、テストに出ま~す」と
先生が黒板を叩いたからだろうか。
はたまた、学校生活全般において、
やたら班で作業させられて
(まぁ思えば、勉強以外の、てか
勉強より寧ろ大切な社会性を
身に付けるためと今は判るけど……)
概ねそれは「家内制手工業的」で
愚痴まじりによく口にしたせいか、
忘れられない者は多いのでは?

と。まるで過去完了として書いた。
が、しかし。
演劇を生業にして幾星霜・・・
未だ「家内制~」で芝居を創っている。

そして、我々演劇人はそれを誇りに!
……まっ、それほど力むことはないな。
ε=ε=┏(・_・)┛

力説する話ではないけれども。
こんな小さなヒトコマが、
芝居に厚みを増したりはするのだ。

昔いた劇団は少々歴史もあって、
上は七十超、下は二十代と
幅広い年齢の劇団員が芝居のこと、
近々のニュースのこと、故郷のこと、
とワイワイガヤガヤやりながら
関係性を深めていったものだ。

さて、呑気な話題に終始した。
けれど『ビザール』の物語自身は
正反対に、とてもシビアだ。
紛争後のセルビアのおはなし。

それは次に詳しく。

※※※

ただ、暫く先にはなります。
何故かは明日以降のブログで
あからさまになるでしょう・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あざみ~ディメンション外伝07 | トップ | ブルー&ピンク/櫂人vol.3の零 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。