敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

「盛り土」な年の師走の三週目のことを話しわす(^_^;)

2016年12月24日 | 制作公演関連
クリスマスイブ。

昼は『希望』、夜は『十二夜』
二本の芝居の稽古であった。

十二夜は西洋でのクリスマス最終盤
(あるいは最終晩とゆーべきか)
のことだし、希望も聖夜に相応しい。
けれども、題名がなんだろうと
稽古であることに変わりはない。
チキンもケーキもなし
(。≧Д≦。)
ぶっちゃけ、個人的には稽古がなくても
このイベントには消極派だ。
世の中の「商魂」に抗って。

スーパーにはそれらしい料理が並び、
最近じゃそれっぽいパッケージで
寿司まで「売らんかな」だもんな。

さて。
J-Theater公演も本番間近で、
まさに最終盤。どちらも通し稽古。
特に『希望』は今日がラスト。
明日は休みで明後日本番。
最後に相応しい出来上がりだった。



そこに向かう途中にサンタクロースが。


やっぱ、いたんだな\(^-^)/

ちびっこ達のサッカーの練習。
終わりに飛び出して吃驚させるべく
グランドの外の木の陰に隠れた
コーチかOBの扮装・・・
などと多くの大人は思うだろう。
でも僕は知っている。
そう見せ掛けて「ものほん」だと。

夜は『十二夜』。こちらは火曜が初日。
まだまだ課題があぶり出される。
明日、しっかり修正しよう。
幕を開けてみたら芝居の中身が
空洞だったなんてことにならぬよう。



そして帰り道。
もっと「イブ感満載」のカップルに
遭遇するかと思ったけれど、
地下鉄の代々木公園駅から
明治神宮前経由池袋とゆう
地味なルートだったせいか、
乗換のコンコースやホーム等、
普通だった。
ん?…「ふつう」ってのも変か(^_^;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がりゅうてんせいとメリーク... | トップ | 旅公演みたいな日程 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。