敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

3401の、次。

2017年10月05日 | 制作公演関連
ドロンジョ様やコナン
(探偵じゃなく未来少年の方)、
ジェーン・フォンダ等で知られる
声優の小原乃梨子さんや




『ざわざわ森のがんこちゃん』
などなど沢山の祝花に囲まれ、
また初日夜以外満席という
本当に多くのご来場に沸いた
『三島由紀夫の世界vol.1』、
無事全公演を終えました。
改めて御礼申し上げます

ボリュームワンとゆーからには、
vol.2…3……とたぶん続くのである。

打ち上げは今年「こそ」と
〈桜の藩〉で盛り上がりました。


昨年の近江楽堂公演の折に、
手違いでダブルブッキングが
発生したとき、清々しい対応で
宴会を降りていただいた。
そればかりか楽日あとの飲み会

・・・通常、千秋楽のあとに
開催される打ち上げは、
色んな要因から別日の時がある。
去年は仲日後が正式な打ち上げに。
つまり、
それは別の店だった・・・

だが。身も心も〈桜の藩〉の方が
サービスも良く、盛り上がって、
「またみんなで来ます」と約束。
それが果たされた昨夜の酒宴。

「損して得」の好例だ。
ダブルブッキングにごねた店には
もう二度と行かないけれど、
〈桜の藩〉には何度も呑みに来る。

酒の話が長くなった。
いや。
これは酒じゃなくおもてなしの話。



そして上の写真は、会場の近江楽堂、
〈桜の藩〉も入る東京オペラシティ
二階共用スペースに立つオブジェ。

冒頭書いたように、集客は満足。
作品も良かったのだが、欲を云えば。

・・・サッカーの試合で
個人のテクニックが光り、
或いは豪快なシュートが決まる、
ワクドキが多い展開なのに、
チームの連係が噛み合わない、
そんな試合があるのだけれど・・・

ベテランと中堅、若手から成る今回、
アンサンブルの精度をもっと高く、
届けられたら良かったと自省。

やはり一ヶ月弱で三本の上演、
特に二本目のあと一週間で『三島』。
芝居巧者が多かったとはいえ、
時間が足りませんでした。

それを糧に、次へ進みましょう。



ちなみに。
新宿フィールドミュージアム
(右はそのプログラム)は
まだ始まったばかりです。
スタンプを、たった二つ集めたら
京王プラザホテルのレストランの
一万円のお食事券(一名)などが
抽選で当たりますよ
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3401の総ざらい | トップ | あんけーと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事