※面白図書館※

販売されている本の中から面白かった
本を公開しております。

:「季節と出会う:俳句七十二候 」:二十四節季と七十二候

2017年06月21日 | 日記

 

           ※ほほえみ・2017※(プログ統合トップ版)

                  

                           上の項目をクリックしてください

         

                              私の現在の愛読書

                  

 

                                                        

                      「季節と出会う俳句七十二候」

    七十二候(七十二候)とは、一年を約五日ごとに分け、それぞれを

         草花や動物などの事象で言い表した季節の呼び名で、俳句の

          季語ともつながっています。

             毎回その暦の中の三候ずつ公開していきます。季節の季語と俳句を

         お楽しみ下さい。

   夏至の三候  新暦:6月21日~7月6日ごろ

     

        初侯・・略本暦::乃東枯::新暦::6月21日~6月26日頃

          「なつ かれくさ かるる」

     侯・・略本暦::菖蒲華::新暦::6月27日~7月1日頃

          「あやめ はなさく」

     侯・・略本暦::半夏生::新暦::7月2日~7月6日頃

          「はんげ しょうず

        この候の俳句

                    夏至の日の 手足明るく 目覚めけり  「岡本眸」作 

                    てぬぐひの 如く大きく 花菖蒲     「岸本尚毅」作

                    袋角 熱あるごとく 哀れなり       「中田みずほ」作

                       雨に揺れ 虻にゆれけり うつぼ草   「堀口星眠」作

                    初蝉や かがやきそめし 水のいろ   「桂信子」作

                    麦笛を 吹くや拙き 父として       「福永耕二」作

           木の揺れが 魚に移れり 半夏生    「大木あまり」

           我が消す灯 母がともす灯 明易さ   「古賀まりこ」作

 

    次回は「小暑」の三候をお送りいたします。おたのしみに・・

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。