高浜→関電本店 リレーデモ        saikadouyamete@yahoo.co.jp

~ 高浜原発 うごかすな  1・22(日) 関電包囲全国集会  ~

  の 情報も掲載中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

びわ湖一周デモ 5日目(5.8)の ようす <最終日>

2016-05-09 10:30:55 | びわ湖一周デモ
原発全廃!びわ湖一周デモ『 ニュース 第6号 』
2016.5.09発行

< びわ湖一周デモ 5日目(5.8)最終日 の ようす >

♪ びわ湖一周達成

♪ 反原発デモで史上初!

♪ 最終日は170人の参加、5日間で700人


★☆ 最終日は、滋賀県の県庁所在地=大津市内を北から南へ縦断 ☆★

最終日の5月8日、大津市堅田駅前には、
スタート時刻(午前10時)の1時間以上前から多くの市民が集まり、
のぼりを立て、旗やメガホンの準備などに余念がありません。

きっかりの時間に岡田啓子実行委員の司会で、田中徹実行委員長あいさつの後、
100人で元気よく出発。国道161をひたすら南下します。

連日、大勢の参加をいただき、主催者が組んだ予定より遅れ気味の毎日のデモでしたが、
この日午前中はカンカン照りをものともせず、先頭は正午きっかりに坂本の平和堂到着。

40分弱の昼食休憩ののち、午後からの参加者も増え、距離が長すぎるため
三分の一のメンバーはJRで大津京駅に先回りして周辺のビラ配布をして
デモ隊を待っていただきました。
これで5日間で1万枚のびら配布をやり切りました。

(大津市)下阪本の町内では、たくさんの市民の皆さんがお宅から出てこられ、
私たちを激励していただきました。
大津京駅、午後2時到着は到底無理で、先頭で40分遅れ。
休憩なしで一路、三井寺(みいでら)へ。

三井寺境内の千団子広場にて毎月開催のオーガニックマーケットに、
みんなでお邪魔しました。
脱原発・有機農業促進で頑張って、盛大に模擬店や音楽発表など継続されています。

田中委員長がステージマイクで連帯のあいさつ。

同所をスタートして30分ほどで、大津地裁前に到着。
3月9日、高浜原発3・4号機の稼働停止仮処分決定の大英断に再び感謝と
引き続く公正裁判を求めてデモ参加者一同で声援を送りました。

大津地方裁判所


大津地裁前。若狭の原発を考える会・木原壯林代表(中央)とデモ隊の皆さん

そして目の前のJR大津駅に、予定の午後4時前に到着。
5日間、デモは約100キロ、三日目の車デモ含めて
235キロのびわ湖一周を達成しました。

反原発闘争史上初のびわ湖一周デモであり、
そもそもデモでびわ湖一周というのは初めてかもしれません

午後4時から県庁手前の教育会館で集約集会を開催。百人で満席。
5日間通しでデモを貫徹したのは10数人の方。
大津市内から参加の女性・Nさんによると歩いてびわ湖一周されたことがあるが、
235キロとのこと。「正直きつかった」とスタッフの男性。
「滋賀は第3の故郷だ」と、京都の男性。
大津市比叡平の女性も一度も車に乗らず歩き通しました。

びわこ☆123キャンプから支援・連帯の要請を受け、カンパ贈呈も。

最終日は集会のみ参加の13人含めて150人の参加。
5日間でちょうど700人のご参加。事前案内ビラは3刷し計2万4千枚。
本番中に三日目のアメーバデモ含めて1万枚ビラ配布。
ニュースは準備号含めこれも入れて8号。
3団体から3台の宣伝車提供をいただき、2月から数限りない集会・会議で
ビラ配布と訴えをさせていただき、
昨秋の「高浜―関電本店リレーデモ」参加者の宛名シール提供をいただいての
案内はがき発送も行い、デモ到着の先々で
安土城址のお寺の住職さんや、井戸謙一弁護団長、元愛荘町長や
高島市での県議さん・市議さん、ジョギング姿の蓬莱駅近くのお医者さんなど
たくさんの方から激励をいただきました。

滋賀県の、近畿の、若狭の、日本の原発をめぐる攻防戦に
大きな一石を私たちは投じることができました。

印刷用データ →『ニュース 第6号』

4日目(5.7)の ようすは → コチラ

全行程の案内詳細は → コチラ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« びわ湖一周デモ 4日目(5.7... | トップ | 最終日の様子が 『毎日新聞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL