和尚の大和路

和尚が撮った大和路写真を中心に、
旅で見つけた写真なども・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヘコキムシ

2016-10-01 05:59:38 | 風景写真
9月24日付けの愚石さんのブログで“屁”の話がありました。
さわりの部分で「ヘコキムシってホントに屁をこくの?」があって、
本題はさわりの部分を飛び越えていくのですが、
和尚はヘコキムシにこだわりました。

子供の頃、ヘコキムシで遊んだ記憶がありました。
ヘコキムシを捕まえてきて、木の枝などでツツイテ興奮させます。
するとプッと音を立てて、煙のような気体を出します。
続けて2、3回興奮させると“屁”は出ますが少なくなります。
そのうち出なくなります。
“屁”が枯渇したのでしょう
煙のような気体が“屁”なのですが、匂いは嗅いだことはありません。

ヘコキムシの名前が分からなかったので調べてみました。
ネットで調べてみると大半がカメムシの類でした。
カメムシは匂いはしますが“屁”はこかないと思います。
私が遊んだヘコキムシとは違います。

画像で探してみるとありました。

ミイデラゴミムシでした。「オサムシ上科 ホソクビゴミムシ科」


愚石さんの“屁”から数日後のブログでコクゾウムシの話がありました。
米櫃に唐辛子を入れて置くのはよく聞きます。
虫は米より軽いので洗米の時に浮いて流れます。
混ざって炊いてもドウって事はありません。
田舎では1回で1俵ぐらい精米しますのでコクゾウムシははびこっていましたね。
米を日向に干すと敵は一目散に逃げていきます。

カメムシについては後日に。



和路写真365景 番外2

長谷寺御所桜


桜井市山辺の道 玄賓庵


河合・広陵町 馬見丘陵公園



葛城川







ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大和路写真365景 番外1 | トップ | 愛犬モモ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (rato)
2016-10-01 09:08:20
私の子供のころは、ハンミョウをヘコキムシと呼んでましたよ。
ratoさんへ (和尚)
2016-10-01 10:43:10
ハンミョウも同じ種類ですからね。

ハンミョウはは屁をこくんかい?
お恥ずかしい (愚石)
2016-10-01 21:18:48
さわりだけですんません。m(_ _)m
ついでに知りたいのがウンコムシはうんこを食べるのか?
カメムシの匂いが嫌いと言う人はパクチーも嫌いか?
等々、さわりだけのネタを抱えております。(^^;
ところで、コクゾウムシは確かに光を嫌いますね。
これで選別はできそうです。(^^;
愚石さんへ (和尚)
2016-10-02 16:26:48
ウンコムシは特定がむつかしいです。
地域によってハエの幼虫なのか、甲虫類の仲間なのか、色々言われていますので・・・。
便所虫との関係もありますから・・・。

子供の頃、塩さばの頭を一日中外に吊り下げてハエに卵を産ませます。それを砂に埋めて、一週間後に蛆虫がわいているのでその蛆虫をハヤ、オイカワなどの釣りの餌にしたものです。

もちろん、釣った魚は胃の中へ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む