巨大高ゲタ犬

日記だけど映画の情報や舞台挨拶の報告をしてます。たまに趣味?やマニアックなグッツとかも紹介。

「古都」、今週末12月3日(土)から公開でこの映画も気になります。

2016-11-30 21:29:02 | 日記
「古都」

川端康成の長編小説「古都」を、現代版にして映画化。
京都とパリの2つの”古都”を舞台に描いています。
メガホンを取ったのは、ハリウッドで8年間映画製作を学んだ
Yuki Saitoさんで、初監督作品です。

そして、何よりわたくし的にうれしいのはキャスト。
主演は松雪泰子さんで、橋本愛さんと成海璃子さんが共演しています。

「古都」は、12月3日から公開です。
公開初日には、新宿ピカデリーで舞台挨拶が行われます。
登壇者は、松雪泰子さん、橋本愛さん、成海璃子さん、葉山奨之さん、
伊原剛志さん、新山詩織さん、Yuki Saito監督。
すごく行きたいですが、わたくしはこの日は仕事で、無念です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週末12月3日(土)から公開で気になる映画「RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編」

2016-11-29 21:52:05 | 日記
「RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編」

堤幸彦監督(原案)の最新作。
舐めて事件を解決する火曜サスペンス的コメディー。(笑)

主演は、向井理さん。
他に、木村文乃さん、佐藤二朗さん、木村多江さん、市原隼人さん、
財前直見さん、黒谷友香さんなどが出演しています。

堤幸彦監督作品ですから面白いこと間違いなし!(笑)
絶対に観るぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿部寛さん、次の映画は「恋妻家宮本」・・・

2016-11-28 22:22:36 | 日記
「恋妻家宮本」

ドラマ「家政婦のミタ」や「女王の教室」などの脚本家・遊川和彦さんの初監督作品。
重松清の小説「ファミレス」を脚色し、熟年離婚の危機に瀕した主人公が、
家族の在り方を模索していく姿を描いたコミカルでハートフルなお話みたいです。

主演は、阿部寛さんでその妻を演じるのは天海祐希さん。
他に、菅野美穂さん、相武紗季さんなどが出演しています。

ドラマもヒット作ばかりですから、この映画もきっと面白いでしょう。

「恋妻家宮本」は、2017年1月28日から公開です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」2週目舞台挨拶、日本橋に行きました。

2016-11-27 22:44:08 | 日記
2016年11月27日(日)
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」2週目舞台挨拶
TOHOシネマズ日本橋(12:15~の回)に行きました。

上映後の舞台挨拶。
登壇者は、池田秀一さん(シャア・アズナブル役)、早見沙織さん(ララァ・スン役)、
古谷徹さん(アムロ・レイ役)、福圓美里さん(フラウ・ボゥ役)。

池田秀一さんと古谷徹さんが揃って”ガンダム”の舞台挨拶に登壇するのは10年ぶりだそうです。
(他の作品では、今年も何度か一緒だったみたいです。)

今回の”Ⅳ”で、初めて舞台挨拶に登壇出来た古谷徹さんは「こんなにうれしいことはない。」
と、有名なセルフを。(笑)

池田秀一さんから、アフレコ時の様子は「ジオン側と連邦側で分かれています・・・」
という裏話も有りました。(笑)

早見沙織さんは、ララァはエメラルドの瞳を持っているのを意識して、今日はエメラルドの指輪を
してきたのを見せてくれました。「祖母から伝わる指輪で、母があなたの指輪だよと言ってくれました。」
と、うれしそうに話してました。

フラウ・ボゥ役の福圓美里さんをこの目で観るのは(たぶん)初めてですが、
今日の福圓美里さんは、フラウ・ボゥの連邦軍の服をイメージして”ピンク”の衣装を着てきたそうです。
すると古谷徹さんが「そうだったんだ。」と、アムロっぽく鈍感な反応でした。

次回作については、池田秀一さんも古谷徹さんも意気込みを感じました。
早見沙織さんと早見沙織さんは「これからもよろしくお願いします。」みたいに話してました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「疾風ロンド」初日舞台挨拶、横浜ブルク13に行きました。

2016-11-26 22:00:08 | 日記
2016年11月26日(土)
「疾風ロンド」初日舞台挨拶
横浜ブルク13(14:35~の回)に行きました。

まずこの「疾風ロンド」、コメディな感じでしっかりサスペンス、
意外な展開の連続で最後まで面白かったです。
スキーでコース外の林間を激走したり、バトルしたりするシーンは、
滑っている人の視界で迫力有りました。
大島優子さん、けっこうボードがうまいのではないでしょうか、
(どこまで本人か?)カッコ良かったです。

上映後の舞台挨拶。
登壇者は、阿部寛さん、大島優子さん、ムロツヨシさん、濱田龍臣さん、
そして吉田照幸監督。

阿部寛さんは最初の挨拶で「渋滞していて今着いたばかり。車内で寝てました。」と。
そして、大島優子さんも「寝てました・・・。」と。(笑)

「神奈川県出身の阿部寛さんとムロツヨシさん・・・」と紹介され、話しているうちに
すぐ近くの隣町に住んでいたことがわかって、二人は驚いてました。(笑)
ムロツヨシさんは、この(桜木町の)近くの”野毛”の美味しい餃子の店とか紹介してました。

息子役の濱田龍臣さんについて阿部寛さんは「とにかく、すごく食う。(笑)」と。
吉田照幸監督からも「午後からの撮影で、お腹が出ていて困った。」という撮影秘話も。(笑)

「もし3億円有ったら?」という質問に、阿部寛さんは「宇宙に行きたい。」と話してました。
大島優子さんは「スキー場がほしい。」と話してましたが、「無理じゃないかな」と
ムロツヨシさんに突っ込まれてました。

最後に阿部寛さんは「神奈川の人、宣伝お願いします。」と話してました。


(終了後)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加