巨大高ゲタ犬

日記だけど映画の情報や舞台挨拶の報告をしてます。たまに趣味?やマニアックなグッツとかも紹介。

「監督失格」初日舞台挨拶、庵野秀明さんは「ヱヴァが終わったら観る。」と(笑)

2011-09-03 21:04:02 | 日記
9月3日(土)
「監督失格」公開記念、初日舞台挨拶
TOHOシネマズ六本木ヒルズに行きました。
台風の影響は・・・大丈夫でした。

このドキュメンタリー映画、ある意味”衝撃”でした。
林由美香さんと平野監督の北海道の最北端までの自転車での旅は
楽しくもあり、つらくもあり・・・人生のよう。 最後は衝撃の結末。
林由美香さんという女性のことはわたくしは存じませんでしたが、
平野監督が惚れた彼女の魅力については充分に伝わりました。
お蔵入りになっていた平野監督による数々の映像は、こうして映画と
なって本当に良かったと思います。
これはいい映画です。

上映後の舞台挨拶。
登壇者は、庵野秀明プロデューサーと平野勝之監督。
わたくしが注目だったのは庵野さんですが、今日は庵野さんファンも
多数集まっていたと思います。

平野監督は最初に「ここまで長かったです。出産を終えたみたいな
気持ちです。」と話しました。

庵野さんはプロデュースした理由を質問されると「平野さんが造れなくて
苦しんでいたから支援してあげたかった。」と話しました。
その庵野さんにこの映画を観た感想を質問すると「まだ観てない。」と
キッパリ。(笑)
庵野さんは「ヱヴァが終わったら観る。今は来年のヱヴァのことで
頭がいっぱい。」と。(笑)

庵野さんも林由美香さんにお会いしたことが有るそうですが
「飲み会で、酔っぱらってるのしか見たこと有りません。」
だそうです。(笑)

監督は主題歌を矢野顕子さんに依頼して、その曲を聴いた感想は
「矢野顕子さんの創る言葉に期待していた。初めてタイトルの
”しあわせなバカタレ”というのを見た時は泣きました。」と
語ってました。

最後にスペシャルゲストで由美香ママが登場。
林由美香さんの写真もしっかり持ってました。
「映画を造ってくれた皆さんに感謝します。」と話してました。


ちなみに平野監督、
今日この六本木ヒルズまで、やっぱり自転車で来たそうです。
(これは”笑”というより”感動”かな。)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風、大丈夫か? 明日「監... | トップ | 9月10日の「探偵はBAR... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。