知って得する!トリビアの泉
■コレがあったら、生活が、楽しくなる商品を、紹介しています。
■身近な出来事や、最近のニュースを面白く書いています。 ■ブログを探すには、人気blogランキングへ をクリックして下さい。
 



 毎日新聞を読んでいて、興味あるコラムがあったので、掲載させてもらう。
 「人の内証(ないしょう)は張物(はりもの)」という江戸時代のことわざがある。「内証」は内々の経済状態のこと、「張物」は中身のない見せかけという意味で、要するに「人の身代は見せかけが多い」ということだ。まあ暮らし向きや経営の粉飾は江戸の昔から世の常だったらしい▲今ではもっぱら秘密を示す「ないしょ」という言葉になった内証である。だが以前は帳場、妻女、奥向きの場所など、内々の事柄を示す実にさまざまな意味に使われた。ちなみに「内証がまわる」とはふところ具合が悪くなることだという▲さてもし内証が張物ならば投資家を欺くことになる現代の企業である。その企業会計の適正をチェックする監査法人の公認会計士が、あろうことか顧客企業の内部情報を基に株取引をしていたというインサイダー取引疑惑が先ごろ発覚した▲会計士が企業の内証に入り込み、いち早く実情を知ることができるのは、いうまでもなく市場の公正と透明性を守る職務のためである。それをないしょで私利を図るのに利用されては、公正も透明性もあったものではない。公認会計士の「士」という字が泣くスキャンダルである▲NHK記者らによるスクープ報道を利用したインサイダー取引が発覚したのもつい最近だ。あっちでもこっちでもこの有り様では、政府がインサイダー取引に対する課徴金を2倍に引き上げる法改正を国会に提出するのも当然の措置である▲語源をさらにたどると「内証」とはもともと人が自ら心の内で悟る真理を表す仏教用語だったという。では専門職に携わる人々を心の内側から律してきたモラルや誇りはいつ、どうして「張物」になってしまったのだろう。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )



« 子供を二人乗... iPS細胞 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (花のお江戸)
2008-03-06 11:11:47
あんまりよくない。
 
 
 
強制的に監禁暴行されている新井泉さんを移動監獄から解放しましょう。 (ゆりあ)
2008-04-09 13:06:36
NHK日本放送協会の職員達が勤務中に株取引をして暴利をふところにしていたのにはあきれた!彼らは公共放送職員という名目だが実際には私利私欲まみれのインサイダーで、秘密情報を手にして犯罪取引を平然と犯しているのだ。公務員とNHKらマスコミ人が共謀して、何の罪もない新井泉さんを強制的に移動監獄に閉じ込めて、長いあいだ食事も睡眠も与えないまま虐待している。こんな残虐な殺人や強盗を犯している彼らは、新井泉さんをオリからまったく出そうともせず毎日二十四時間中夜も昼も新井泉さんに暴行を続けているのだ。政府系組織に入れてもらっててめえだけ優雅な人生を楽しんでいる凶悪犯どもは中国人のように無実の新井泉さんを破壊し虐殺しているのである。
 
 
 
ゆりあさんへ (のぶ管理人)
2008-04-09 17:05:37
「こんな残虐な殺人や強盗を犯している彼らは、新井泉さんをオリからまったく出そうともせず毎日二十四時間中夜も昼も新井泉さんに暴行を続けているのだ。」もし、上記のようなことが、許されるなら、日本の人権が、疑われるでしょう。新井泉さんを、早く助けなければ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。