雑記

誰得感満載のちょっとしたメモ

ひとりごと5

2016-10-18 09:51:25 | 日記

今朝見た朝刊で、滋賀県の彦根稲部遺跡で出土した大量の矢尻の外観が大量のウンコに見えた...。


これまで壁に画面を立て掛けて描いてましたが、
室内用のH型イーゼルを新たに用意。三脚イーゼルも考えましたが、H型に比べると安価で場所も取らず、メンテナンスの点でも扱い易いので使えなくはない、
が!これから描く大作を支えるとなると現実的に無理。イーゼルの脚部分に筆を並べる癖があるので大いに助かります。大学の卒業と同時に紛れて、大学のイーゼルを勝手に家に持ち帰る不逞な輩も居ましたが、(イーゼルは高価なので当時は財布に痛すぎるのも窃盗の理由)今思うと賢いやり方だったのかも。道具も使ってナンボ。あのまま残しておいても埃を被るだけだったでしょう。


まずは心を入れ替えて画業に専念することは勿論、自分の居場所を探さないといけない。一部を除いて公募展もまるでやる気がない、ギャラリーのグループ展も発展性に乏しいのでやる気がない、目的が人と会って孤独感を和らげるのなら別にいいと思うけど。僕はそうではない。とにかく黙って描くしかないってこと。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひとりごと4 | トップ | ひとりごと6 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL