ラムアート絵画クラブ、世界遺産、ヨーロッパ、田舎、街角、デッサン、スケッチ旅行。サイクリング趣味、健康に自転車で走ります

世界わがスケッチの旅紹介。ヨーロッパ、地中海地方、エジプト、イスラエルなど24国、国内旅行等。ラムアート絵画クラブ。

世界わがスケッチの旅 ハンガリー ブダベスト王宮

2016-12-31 | 海外旅行

今年の最後の世界わがスケッチの旅は、ハンガリーのブダ王宮をひととき楽しみたいものです。


 広大な王宮は大統領官邸、ハンガリー国立美術館、プダペスト歴史博物館、軍事歴史博物館として利用されており、荘厳な建物と小高い王宮の丘からペストの街並みを眺めながら、スケッチをするるだけでもここを訪れるには、素晴らしい感動を感じながら旅のひとときを満足な気持ちを誰もが経験するでしょう。
この城の歴史を考えてみましょう。ここブダ王宮は、1241年に建造されて以来、破壊と再建の歴史を繰り返してきたブダ王宮。ベーラ4世によって最初に築かれた王宮は14世紀にラヨシュ1世がゴシック様式へと改築。それが、17世紀に入り、オスマン帝国軍の攻撃で王宮は破壊されてしまった。その後ハプスブルク家の下でバロック様式で再建されたものの、19世紀に大火災でほぼ焼失してしまうのである。だが再び建て直したのも束の間、今度は第一次世界大戦、第二次世界大戦と立てつづけに大戦が起こり、またもや甚大な被害を受けてしまう。現在の建物は1950年代になって完成したもので、最初の築城以来、実に700年が過ぎてしまうのである。長きにわたる破壊の連続で、豪華な様相は無くなってしまった。でも、眼下に広がる歴史的な風景は、スケッチする我が目を楽しませ、記憶にとどめるべくわが筆は、時間を貴重なものとして見つめていたのを忘れることが出来なかったのである。


王宮から漁夫の砦の方角。


 ハンガリーのブダペスト。王宮から漁夫の砦の方角。立っている位置は、王宮博物館の前庭。ドナウ川を見下ろす前庭。

 

もう一枚、年末おまけ。

ドナウ川 エステルゴム02


 ハンガリーを流れるドナウ川を見下ろす、エステルゴムである。神聖で静かに立つ、聖イシュトバーン大聖堂。正面左側から後ろに回るとテラスからの見下ろす 景色を取材。川向こうは、スロバキア。ハンガリー王朝は、ここから始まったのでしょうか。1000年前、王宮と教会が建てられたそうです。ドナウベント地 方というのは、ドナウ川、ベント(曲がる)、つまりドナウ川が曲がって流れている地方ということです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスの天使を見た ア... | トップ | ブルージュとゲントの運河 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外旅行」カテゴリの最新記事