ラムアート絵画クラブ、世界遺産、ヨーロッパ、田舎、街角、デッサン、スケッチ旅行。サイクリング趣味、健康に自転車で走ります

世界わがスケッチの旅紹介。ヨーロッパ、地中海地方、エジプト、イスラエルなど24国、国内旅行等。ラムアート絵画クラブ。

1月終わり、初春のような暖かい土曜日だった。丸亀城

2017-01-30 | 海外旅行

 

 

 前にスケッチしたものを、手直しと思い描きに、土曜日の良い晴天の暖かい日にでかけた。とても

暖かくて気持ちが良かった。風もなく雲がなく、陽光がとてもうれしかった。

それで、丸亀城の大手門から入り、近くに芝生の上で、よくおいでになっている。

いわゆる 「お城のおばあちゃん」に会いに行くというので、出かけて行った。

「お城のおばあちゃん」は、とても有名で、絵手紙を観光客に差し上げていて、なんどもテレビにでていたお方です。

 

 

 丸亀城と言えば、思い出すと城の近くの中学、高校と通ったので、よく知っている。

高校の美術の先生が、スケッチに授業として、城内を描いたことがあった。

いかんな、名前が、思いだそうとしても出てこんな。最近よく忘れていることが多くなった。

 

調べてみると、この城の説明がきがあった。

 標高66mの亀山山頂に天守閣がある。現存する木造天守、12城のひとつとして、古城愛好家は、ご存知だとある。

 天守閣に向けて4段階に積み重ねた石垣は高さが60余mあり、丸亀市のパンフレットによると日本一の高さなんだとか。

 大手一の門の前から、描こうとしたが、あまりにもシンメトリで、固すぎる。

  この城のルーツは、 室町時代、足利幕府の管領であった細川勝元が讃岐の国守だった時、亀山山上に砦をきずいたことが記されている。天正10年(1582)土佐の長宗我部が讃岐に侵入し、細川の本拠の宇多津、聖通寺を攻略する。月日は流れ、天正15年(1587)生駒親正が讃岐一国の領主となり引田城に入る。その後、生駒親正は玉藻城を本城として移り、西讃岐の押さえとして亀山に支城を築き、慶長2年(1597)築城に着手。5年後完成とある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界わがスケッチの旅 キン... | トップ | ナミュール 世界わがスケッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。