ラムアート絵画クラブ、世界遺産、ヨーロッパ、田舎、街角、デッサン、スケッチ旅行。サイクリング趣味、健康に自転車で走ります

世界わがスケッチの旅紹介。ヨーロッパ、地中海地方、エジプト、イスラエルなど24国、国内旅行等。ラムアート絵画クラブ。

ツール・デ・フランドル 2017 サイクリング

2017-06-09 | 海外旅行


ツール・デ・フランドル 2017

https://www.youtube.com/watch?v=4TzQjhkQ9ek

 

https://www.youtube.com/watch?v=KakBu30odts

*************************

モンサンミッシェルを見よう

https://www.youtube.com/watch?v=Fn1rY1VL4_M

****************

 

 西の壁と呼ばれた場所 石の隙間に名刺を挟んだ

 

イスラエル エルサレム 西の壁(嘆きの壁)



  ヤッフオ門から旧市街に入れます。そこに坂道があります。坂道を登っていきますと、広場があります。現在、ただ今のイスラエルの西壁の現在 状況を見ることができますよ。はい。見れたでしょ。右側のさくの中が女性のお祈りする所、左側が男性のお祈り場なんです。男性の方の左の方に広い部屋が あって一杯本があったり、ドアを入ると壁の下の方に沿って道が掘られてあります。そこをず~っとダビデ時代の築いた壁を歩いていくと至聖場のちょうど真下 くらいにいけるんです。そこの石の隙間に日本の宣教のために祈りをこめて名刺をはさんできました。たくさんはさんでました。この道は、普通の状況では、な かなか人が混雑してて入るのに時間がかかるから、ツアーではめったに入れないでしょね(?)。 かべにくっついている植物は、what?って聞くと、いそっぷ。ひそぷ。え~。あれって、ひそぷかな。 ひそぷの小枝に水を浸して、滴礼洗礼をするって聞いたことがあるけど、あの有名な空海が中国で景教(いわゆるキリスト教)の洗礼を受けたというのは、これ と関係があるのでしょうか。私は、良く分かりませんが、興味深いはなしではありませんか。真言密教の様式を見ていると、細い棒をもって水をぱちゃぱちゃさ して、振りまいていたのを京都で見たことあります(?)。この絵の地下の見えない埋まっている17段の石が第2神殿時代、今見えているのは、下から7段目 までは、第2神殿時代。その上の4段がローマ時代に乗せた部分。その上にある小石に見えるのがマムルーク朝時代の石。エルサレムの歴史を象徴しているでは ないですか。何を祈ってるんですか?神殿の再建とメシアの来臨を祈ります。ユダヤ人の祈りは、いつまでも石の前で、長くつづいていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エルサレム 十字架の道を ... | トップ | イスラエル エルサレム 黄金門 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。