北海道でノンビリと

タブタブの何処かへ行こう を改題しました。
何処かへ行く機会も減ってきたので 北海道を楽しもうと思ったからです

車中泊の旅・・・・鬼の城

2017-04-23 21:56:11 | 旅行

安乗崎へ行った後、今までに一度しか食べたことのない(それも少量しか・・・)伊勢海老を食べたいと思いながら、
道の駅 伊勢志摩で「伊勢志摩御膳」なる伊勢うどんや松阪牛入りミンチカツ、刺身が並んだ少し豪華な食事をしてしまったために
伊勢海老を諦めた。

サミット会場ともなった あの志摩観光ホテル横を通過し、15000円もするらしい日本一高い伊勢海老カレーはどんな味なのだろうと
想像をしながら賢島大橋を渡り、海沿いを走って愛洲の館へ到着。



この辺りは昔、伊勢の豪族 愛洲氏の居城があった所だが、知りたいのはそんなことより陰流の祖と言われる剣豪 愛洲移香斎のことだ。

柳生新陰流で有名な柳生石舟斎の師で 新陰流を伝えた上泉信綱のさらに師と云われる達人が この愛洲移香斎だ。

剣豪小説が好きな私は胸躍らせて館の中へ入ったのだが、館内撮影禁止。
面白くないなぁ・・・・・撮影禁止は。

私の老いた脳みそでは 見たものは次々と記憶の外へ逃げてしまうのだ。
だから、せめて撮影して記憶に留める手段としたいのだが、それが禁止されてしまうと わざわざ来た意味が無くなる。




五ケ所湾の眺めが良い南海展望公園で大パノラマを楽しみ、日暮れ前に着いたのが「鬼ケ城」





駐車場に車を置いて崖に沿った道を進んだのだが、見たことも無い奇岩の連続に、高所が苦手な私は腰が引けながらもシャッターを押し、何処まで続くかわからない崖沿いの遊歩道を進んでいたら、突然『この先通行止め』の文字。









もう先へ進まなくても良い理由が見つかり、少しホッとして駐車場へ引き返した。


道の駅 パーク七里御浜で車中泊することにした。
車を降りてふと見ると「北海道らーめん」の看板。



北海道の味に飢えていたので夕食は迷うことなく これに決まった。
暖かそうな店に飛び込んで「北海道ラーメン」と注文したら、「あの・・・・・浜海道らーめん ですけれど・・・・・」と云われた。



なるほど よく見たら「浜海道」だ。
まぁ良いや、一字しか違わないのだから、少しは北海道の味はするだろう。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車中泊の旅・・・・伊勢神宮... | トップ | 車中泊の旅・・・・七里御浜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。