タブタブの何処かへ行こう

北海道はでっかいど~

邪魔者扱いなのだろうか

2017-09-14 22:18:26 | 日記
夕方Gクンがやって来て、新しいラーメン店が開店したと興奮気味。
開店セールで3日間だけ安く食べられるらしい。

あまり乗り気ではなかったのだが、店内をロボットがウロウロしていると云うので気になってしまい「よしっ、夕食は そのラーメン屋だ」と大号令を発した。

車に全員を乗せて鳥取大通りにあるラーメン店へ行ってみると、仰々しいライティングに目を奪われた。

ポスターには「ロボット レストラン」と書いてあるので、ロボットがウロウロしているのは本当のようだ。



店内に入ると、大嫌いな券売機。

どうやらスープは、私とルンバが苦手な豚骨系のようで、テンションがさらにググッと落ちた。



通常なら800円程のラーメンが開店セールで500円とのこと。

まぁ500円だからと、ボックス席に座り店内を見渡してみると、ロボットを発見。チャーハンを乗せて ゆっくり ゆっくり進んできた。



店の真ん中にある台では小型ロボットがダンスを始めたのでヒマ潰しに眺めていると1台が転んだ。



自力で起きることは出来無いようで、気が付いた店員がヒョイと立たせた(笑)

配膳ロボットはゆっくりと元の位置へ戻ると停止。



次は、我々の所へ運んでくると思い、どう対処したら良いのかとドキドキしていたら「はい、味噌と醤油ですね」と運んできたのは呼吸をしている普通の店員さん。



もしかしたら充電しているのか、それとも忙しくなると邪魔だからか、我々が店内にいる間、もう一度動く姿を見ることはなかった。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 別れの刻 | トップ | オッサン対オッサン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。