タブタブの何処かへ行こう

北海道はでっかいど~

別海ジャンボホッキ カツ丼

2013-09-24 20:40:01 | グルメ
足の骨折が、完全治癒まであと一歩。
北国の短い夏を、家の中で過ごした。
そして、装具を付けて歩けるようになった時には秋。
もう後 何年も生きられないであろう おっちゃんにとっては、貴重な夏が、
消・え・た……。

もう、ガマンの限界だ。
今年の夏は、九州まで車で走ろうかと密かに思っていたのに、子供のように家の窓から外を見ることしかできなかった。

よ~し、明日は出掛けよう。サイトの友人からは、ダメと言われたが おっちゃんは……行く。

で、何処へ? ヒヒヒ・・・・、ホッキのカツ丼を食べに行くのだ。
別海町の新しいグルメとして登場したとTVで紹介していた。
(ホッキが好きな男として これは、行くしかない、食うしかない)

先日の台風で冠水した別保の町を通過。被害のあった家の前には廃棄する残骸の山。崩れた一部の道路には土嚢が残る。

別海町は、酪農の町だ。広大な敷地に沢山の牛。


この牛から絞り出される牛乳は、とてつもなく旨い。

バウムクーヘンのような牧草ロールが至る所にゴロゴロしている。


さて、目的の「別海ジャンボホッキ カツ丼」は町内の6つの店で食べられるらしい。
私が時々お邪魔する、丘上の温泉宿泊施設「郊楽苑」でも提供されているので、迷わず そこを選択。
近くには、無料のミニ動物園があり猿やウサギ、ポニーと触れ合える。


郊楽苑のレストランは、一時営業を止めていたのだが、希望者が多く再開したらしい。
以前 利用した時は、丁寧で繊細な料理の味に感激し、以来別海での食事は、ここと決めてしまった。


入口には、別海の有名な御当地グルメ「ホタテバーガー」の幟と並んで「ホッキカツ丼」の幟も翻っている。




2Fにあるレストランの窓からは、標津岳、養老牛岳などが見える。


さて、その「別海ジャンボホッキ カツ丼」
定義は、ホッキカツの下に玉ねぎが敷かれ、浅利(別海町産)醤油のダレをかけて食べる。薬味で鮭節と道産山わさびが付いている。味噌汁は、浅利だ。


料理に付いてきた箸袋に「別海はジャンボホタテバーガーだけじゃない」と書かれているのが、意気込みを感じて楽しさ倍増。


ジャンボと云う割には、少し小ぶりかと思うホッキだが、風味が効いて旨い。
醤油タレも塩辛さが抑えられていて、かけすぎても味を損なうことはない。
980円は、少し高いように思うが、また食べに来たくなる見事な御当地グルメだ。

今回は、H度が無くてゴメン。

続きは次回 (疲労が抜けていないので調子が出ない)
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飽きた? 飽きない?  | トップ | 別海ジャンボの続き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。