タブタブの何処かへ行こう

北海道はでっかいど~

グータラを装った一日

2016-10-12 20:58:13 | 日記

1時間程ウトウトして ふと目覚めると奥様が消えていた。

東京で法要があるので、その準備に美容室へ行ったのだ。
となると、家には私一人。
口やかましいのが居ない間にと 急にノビノビして好き勝手に動き始めた私。

先ず、高専裏へウォーキング。
先日より300メートル程 距離を延ばしてジョギングも頑張った。

家には誰も居ないので、汗拭きながらスッポンポンになって洗濯機へ放り込んだ。
フリーになったジェームスも好き勝手な方を向いて嬉しそうだ。

そうだ、(埃を立てないで・・・)と 云うウルサイのが居ないのだから、寝室も掃除しようと思い、シーツにタオルケット、毛布まで剥がして洗濯機へ。

洗濯中は寝室を丁寧に掃除。
電球からサッシまで拭きベッドの下まで埃を吸い取った。

二回に分けての洗濯に二時間近くかかったのだが、奥様はまだ帰宅しないので、洗濯物を車に積んで駅前のランドリーへ走った。



大きな乾燥機があるので毛布などを入れてスタート。



その間に 家へ戻り洗濯機のフィルターや掃除機のゴミを捨て使用前の状態に戻した。

ランドリーから毛布などを引取り、ベッドにセットして ここも完了。

夕方、やっと奥様が帰宅したが、留守の間 私が汗だくになって寝室を掃除し洗濯までしていたとは思っていないハズだ。

だから「埃 立たないようにしたの?」なんて小言を言われることも無く、一日中ソファーで寝ながらテレビを観ていた風の旦那は 元気よく「お帰り。キレイになったね」と云い、奥様は「白髪が消えただけなのに・・・・・」と照れながら答えた。

これで 今日も平穏無事に一日が閉じることだろう。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何故か腹立たしい 春採湖(は... | トップ | 図々しいやつら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。