タブタブの何処かへ行こう

北海道はでっかいど~

ジュエリーアイス

2017-01-25 23:00:06 | 日記

重い腰を上げた。
「ジュエリーアイス」を見るためだ。

凍てついた十勝川を下ってきた氷が海に出た所で波に翻弄され、河口にある大津漁港付近の海岸に打ち上げられ、宝石のように輝いているらしい。

アムール川から流れ出た流氷がオホーツクの海辺を漂流するのと どこか似ている。

( ジュエリーアイス なんて名前はついているけれど、ただの氷だろう) と云う気持ちと、( ジュエリーだもの、きっと素晴らしいに違いない) と云う気持ちが交差した。

「百聞は一見にしかず」と云うし 行ってみるかとルンバを誘った。

ルンバは多少の事では動かないが、帯広の豚丼で釣るとパクッと食いつく。



それで先ず、高速で帯広まで走り 例の豚丼を美味しく頂いた。





あとは、十勝川に沿って河口にある大津漁港まで 約60キロを一気に下った。





インターネットで手に入れた地図を見ながら進もうと思っていたら「ジュエリーアイス」への立派な案内看板を発見。



こんな看板を作るぐらいだから、やっぱり素晴らしいキラキラが見られるのではと 期待が高まった。

海辺に近い空き地に車を置き 海岸へ向かって歩き出した。





同じように「ジュエリーアイス」目当てに来ている人がいるようで、駐車している車のナンバーは 旭川や札幌もあった。

そんなに遠くから ここへ来るくらいだから、益々期待が高まった。



波の打ち寄せる海岸には 大きいのから小さいのまで沢山の氷がゴロゴロしていた。



でも大体が砂まみれでキラキラしていない。
まさか、これじゃ無いよね と思いながらキラキラを探すのだが・・・・・

三脚まで担いでいるオッチャンが居たが、何とかキラキラを探そうと必死のようだ。



諦めの良い人は「ジュエリーアイス」に背を向けて海を撮っていた。



後から来た3人連れは、苦笑いして 直ぐに消えた。



何が「ジュエリーだ」なんて悪態を付いているのは私ぐらいのようだ。

でもガッカリ度は、250キロも走って来た札幌や旭川の人の方が大きいに違いない。

そう思って自分を慰め、50キロ先の我が家へ向かって車を走らせた。
ジャンル:
むかつく
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あと もう少しだ | トップ | 賞味期限 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やまくん)
2017-01-25 23:56:31
見たことのない素晴らしい写真ありがとうございます。
ここ数日マイナス2度位になり自宅に立てこもっています。
やまくんさんへ (タブタブ)
2017-01-26 11:15:28
見たことのない素晴らしい写真でしたか?
撮った本人は 全くそんな風には思っていなくて 車で走りながら そんなに楽しくは無かったです。
サングラスしているのに 目が弱ってきているのか 一面の銀世界が目に痛い。
十勝川の写真は、走行中ルンバに撮ってもらいました。
時々写っている後姿は、私を置き去りにしてどんどん歩いて行くルンバです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。