自然からのたより

四季の生き物たちの命の輝きを写真でお伝えします。

ハシビロコウ

2016-12-28 00:00:00 | 掛川花鳥園
この鳥さんも見てみたい一種でした。翼をばたつかせて部屋中の埃を巻きあげてました。
アフリカ中部の湿地帯に生息し、足元に魚が来るのを身動きせずにじっと待つ、辛抱強い鳥として有名ですよね。

大きく頑丈な嘴



後頭部に冠羽が



翼をひろげて



大きいです



風切羽の1枚1枚が大きい



最大巾ですね、セーフ?



どうだ! 自慢げ



これが待ちの姿



嘴ははがれたり傷ついたり



顔を拡大、嘴の下に穴がありました



■ 掛川花鳥園 プチ情報

空腹でなければ餌とりに熱中することもないようで、結構リラックスして動いていました。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンムリカラカラ | トップ | ギニアエボシドリ&リビング... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (なずな)
2016-12-28 19:38:09
ハシビロコウ、NHKのダーウィンが来た(?)で見ました。
ユニークな鳥ですよね~!

過去記事の『九州探鳥記』を拝見しました。
そこで、『ホオアカ♂』についてですが・・・
『ヒバリ』と後ろ姿が似ているのでしょうか?
私が最近見かけた鳥、『ヒバリ』かな~?と疑問なのです。
なにぶん、お顔が良く見えなくて・・・
もしかしたら、『ホオアカ』かもと、悩んでおります。

あ、それから、そのページの黄色のクルクル風車、
カササギの営巣防止用です。
ホオアカについて (ural_owl)
2016-12-29 14:07:43
なずなさま、

ホオアカとヒバリは色合いや大きさはかなり近いです。
ヒバリは地上を歩くことがほとんどですが、ホオアカは草の茎や小枝にのることが多いです。
顔の写真を撮ると判別できますので、ぜひ頑張ってとってみてください。

カササギの営巣防止用だったのですね、納得しました。
カササギは電柱大好きですからね、ショートして燃えたりしたら大変ですから。ありがとうございました。

コメントを投稿

掛川花鳥園」カテゴリの最新記事