多摩てばこ通信

食べもの、祭り、テニス、お酒、こだわりものを中心とした情報発信とひとりごと

「バベルの塔」展に行く

2017年05月13日 | Weblog
いま、東京都美術館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展を見に行った。16世紀ネーデルランド、ピーテル・ブリューゲル1世が描いた旧約聖書の逸話の塔。24年ぶりとのことであるが、前にも来たっけ?ブリューゲルは好きな画家で、ウィーン美術史美術館にあるもうひとつのバベルの塔(あとひとつの小品は失われたとか)や他の有名な作品は見て感動したことを覚えている。(因みにあの美術館はやはり凄い)
やはり実物を見ると作品自体が美しい。カラフルな色彩は16世紀の作とは思えないほど他を圧倒する。しかもこの小さな絵の中に約1400人が描かれているとは‥‥。他のヒエロニムス・ボスの展示作品も含めオペラグラスか双眼鏡を持参しなかったことを後悔する。テーマと言いあまりの緻密さと言い、驚くばかりだ。
平日の昼過ぎなので観客も少なく並ばずに入れる。(あの若冲展の3時間超行列が嘘のようだ。)7月2日まで。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新緑の季節 | トップ | 「ミュシャ展」に行く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL