まる高のきまぐれブログ

単身生活のあれこれ、趣味の自転車・ジョギング、読書など・・・

銀嶺の人 上

2017年02月13日 | 読書
「銀嶺の人 上」新田次郎
女性登山家の訃報に触発され、30年前に読んだ新田次郎の「銀嶺の人」を思い浮かび、この本を再読してみようと思いました。
この本は女性によるアルプス三大北壁登攀を成し遂げた今井通子、若山美子をモデルにした小説です。自分の記憶では若山美子をモデルにした若林美佐子が犬とトレーニングのため疾風のように走り去っていくイメージを覚えていたのですが、実際読み返してみると、こんなに多くのエピソードや展開がありハラハラ、ドキドキするのかと驚きまた感動しています。やっぱり新田次郎は良い!!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京で会議 | トップ | 打合せが長引いて »
最近の画像もっと見る

読書」カテゴリの最新記事